ブーログ › 岡崎市の創業・起業、中小企業の売上アップ、販路拡大を応援!!OKa-Biz(オカビズ)スタッフ日記 › 視察・研修受け入れ › 訪問記 › 

印刷×福祉のコラボが生み出す一期一会のメモ帳「ながたぶんぐ」設立でビジネス意識に変化!?/インターンが行く永田印刷所



2021年10月13日 18:20  カテゴリ:視察・研修受け入れカテゴリ:訪問記

印刷×福祉のコラボが生み出す一期一会のメモ帳「ながたぶんぐ」設立でビジネス意識に変化!?/インターンが行く永田印刷所

こんにちは
オカビズでインターンをしている大学生です!

今回は自社初のオリジナル文具を開発した老舗印刷会社の(資)永田印刷所さんの現場を実際に見せていただき、インタビューさせてもらいました。

印刷×福祉のコラボが生み出す一期一会のメモ帳「ながたぶんぐ」設立でビジネス意識に変化!?/インターンが行く永田印刷所
この記事からオカビズの活動についてもっと知ってもらい、相談に来るきっかけになれば幸いです!


!!オリジナルブランド立ち上げで売上UP!!
創業100年を超える永田印刷所さんは、企業のペーパーレス化の推進やサービスのオンライン化により、年々印刷需要が減っていることを実感されていました。
その傾向はコロナ禍でさらに加速し、「頭を抱えるような状況だった」といいます。
どうにか現状を打破できないかという想いから、オカビズに相談に来られました。

オカビズでは、印刷の際にどうしても出てしまう「残紙」と、介護福祉士だった社長の息子さんが目指していた障害を持つ人のためのB型事業所の開設、という2点に目を向けました。
そして、残紙と障害のある人の感性をかけ合わせたクラフト文具のオリジナルブランドの立ち上げをご提案。

そこから何度も試作をして検討を繰り返し、2021年4月に「ながたぶんぐ」という新ブランドを設立されました。

印刷×福祉のコラボが生み出す一期一会のメモ帳「ながたぶんぐ」設立でビジネス意識に変化!?/インターンが行く永田印刷所
印刷×福祉のコラボが生み出す一期一会のメモ帳「ながたぶんぐ」設立でビジネス意識に変化!?/インターンが行く永田印刷所
印刷×福祉のコラボが生み出す一期一会のメモ帳「ながたぶんぐ」設立でビジネス意識に変化!?/インターンが行く永田印刷所
■新ブランド立ち上げにまつわる過去ブログはこちら:
岡崎の老舗印刷会社から「ながたぶんぐ」新発売!印刷残紙で障がいのある人とともに作るクラフト文具

社長の永田さんに不安はなかったものの、残紙で作ったノートが本当に売れるのかという半信半疑の中、明るくパワフルなオカビズスタッフの丁寧なサポートもあり、販売開始から着実に【数十万円の売上】につながっているそうです!

もともと「捨てるのはもったいない」との想いで保管していた残紙を有効活用しているため、少しの知恵でお金をかけずに売上を増やすことができました!

■商品概要
ブランド名「ながたぶんぐ」

<特徴>
・老舗印刷会社と障がいのある人が生み出す、一期一会のクラフト文具
・印刷用紙の切れ端や残紙の「もったいない」を創造的に再利用した、環境に配慮した商品

<商品例>
クラフトノート:「ZANSHI NOTE」 B5 50枚綴  …700円(税込)
        ハーフサイズ B6 50枚綴  …600円(税込)
クラフト便箋:「ZANSHI 便箋」 B5 50枚綴  …700円(税込)
       ハーフサイズ B6 50枚綴  …600円(税込)
クラフトブロックメモ:「きれは紙」 86x86㎜ 500枚  …600円(税込)
PCノート:縦4.3㎝×横21.5㎝ 100枚つづり  …300円(税込)
たんざくノート:縦21.5㎝×横4.3㎝ 100枚つづり  …300円(税込)
ちょいメモノート:4.3㎝×8.6㎝ 100枚つづり  …150円(税込)

※上記は店頭価格になります。ウェブショップからのご購入は別途送料がかかります。
https://nagatabungu.thebase.in/


オカビズに相談してから…
印刷×福祉のコラボが生み出す一期一会のメモ帳「ながたぶんぐ」設立でビジネス意識に変化!?/インターンが行く永田印刷所
永田印刷所さんは今まで、企業さんからのみ受注するいわゆるBtoBの会社だったのが、「ながたぶんぐ」をはじめることで自分たちが作ったものに惚れ込んで「ほしい」と思った個人に届けることができて、新鮮な喜びを感じられているそうです。

さらに売上だけでなく、相談前に比べ意識が変わったと言います。
オカビズとの連携を通じて、
「まずはやってみる、ダメならその時考える」
というスタンスに変わったとのこと。
現在もパートナーであるオカビズとともに、新たな販路開拓などに取り組んでいます。

みなさんも岡崎にお越しの際にはぜひ、永田印刷所にお立ち寄りください。
残紙でつくる一期一会な配色のノートや便箋、ブロックメモなどを実際に手に取り、お気に入りの一冊を見つけてみてください。
「ながたぶんぐ」の製品はBASEでもネット販売されています。


オカビズが大切にしたこと
・永田印刷所が持つ強みを最大限に活かすこと
・アイディアの転換と少しの工夫でできることで、売れるものを作ること

今回の例で言えば、「ノートは白紙」という概念を取っ払い、その時々にしかない組み合わせのカラフルな用紙にしたことで、ユニークな価値が生まれました。
オカビズはこのようにお金をかけることなく、少しの知恵で現状を変える提案をし、結果が出るまでサポートします。


✨永田印刷所さんへのオカビズのサポート✨
永田印刷所さんとは約5カ月にわたって、コツコツと「ながたぶんぐ」をご一緒に形にしてきました。

オカビズからは

■ブランド立ち上げのご提案
■文具市場トレンドの情報提供
■製品のデザインやロゴづくりのサポート
■価格設定のアドバイス
■イオンモールの特設会場で一日販売の機会を提供
■プロカメラマンとの商品写真に関する勉強会を開催

など、事業者に寄り添い、想いや考えを形にして一緒になって盛り上げていくお手伝いをしています。

印刷×福祉のコラボが生み出す一期一会のメモ帳「ながたぶんぐ」設立でビジネス意識に変化!?/インターンが行く永田印刷所
印刷×福祉のコラボが生み出す一期一会のメモ帳「ながたぶんぐ」設立でビジネス意識に変化!?/インターンが行く永田印刷所

オカビズは1回1時間の相談を、何度でも無料でご利用いただけます。
さらにITアドバイザーやコピーライターといったそれぞれの分野の最前線で活躍している専門家からのアドバイスも受けられます。
そうした体制の中、一人ひとりのご事業にあったサポートをチームで行っています。

印刷×福祉のコラボが生み出す一期一会のメモ帳「ながたぶんぐ」設立でビジネス意識に変化!?/インターンが行く永田印刷所
印刷×福祉のコラボが生み出す一期一会のメモ帳「ながたぶんぐ」設立でビジネス意識に変化!?/インターンが行く永田印刷所

オカビズであなたのご事業について、また創業や独立の計画などについてのお話をぜひ聴かせてください。
お金をかけない提案で売り上げアップをお手伝いします!!


■事業者概要
合資会社永田印刷所
創業当時は籠田町にて製本業を営みながら印刷会社となりました。現在では市内県内の取引先企業様の商業印刷を請け負い、帳票等はじめ会社案内やパンフレット、チラシ、会報冊子、名刺や封筒など様々な印刷物の企画デザインから印刷製本までを手掛けています。

創業:1918年
住所:〒444-0049 愛知県岡崎市亀井町1-15
代表社員:永田欽一  専務:永田圭一
連絡先:TEL/ 0564-21-7272  FAX/ 0564-21-7273
E-MAIL/ ngt@n-dp.com
URL:http://n-dp.com/
Instagram:@nagatabungu



オカビズは、あなたのビジネスのお悩みをズバッと解決!
完全無料のビジネス相談所です。まずは、お話聞かせてください。

相談予約はこちらから↓↓↓


━━━━━━━━━━━━━

*オカビズのことを知るなら・・⇒公式サイトはこちら

*ブログの最新記事をメールでお届け⇒読者登録はこちら

*いいね!で新着情報をお届けします⇒Facebookページはこちら

*ビジネスに役に立つ情報をメールで配信⇒メールマガジン登録はこちら

━━━━━━━━━━━━━
同じカテゴリー(視察・研修受け入れ)の記事

Posted by OKa-Bizスタッフ〜
削除
印刷×福祉のコラボが生み出す一期一会のメモ帳「ながたぶんぐ」設立でビジネス意識に変化!?/インターンが行く永田印刷所