ブーログ › 岡崎市の創業・起業、中小企業の売上アップ、販路拡大を応援!!OKa-Biz(オカビズ)スタッフ日記 › 訪問記 › 

家康が愛でた開運植物「万年青」、プロの話を聞いて、知れる、買える。愛知県岡崎市 宝生園にて



2020年02月11日 12:00  カテゴリ:訪問記

家康が愛でた開運植物「万年青」、プロの話を聞いて、知れる、買える。愛知県岡崎市 宝生園にて

家康の愛した
 万年青ってぇのを
  見にいってみようじゃあないか



家康が愛でた開運植物「万年青」、プロの話を聞いて、知れる、買える。愛知県岡崎市 宝生園にて


ITアドバイザー水野です。
このブログにはわりと登場していますが、初挑戦!今回は訪問記です。


岡崎市で開運植物「万年青(おもと)」の栽培&販売を行っている、宝生園(ほうしょうえん)さんをお届けいたします。

開運植物。。

inイングリッシュで、「ラッキープランツ」です。



JR岡崎駅近くに、宝生園さんはあります。

家康が愛でた開運植物「万年青」、プロの話を聞いて、知れる、買える。愛知県岡崎市 宝生園にて


家康が愛でた開運植物「万年青」、プロの話を聞いて、知れる、買える。愛知県岡崎市 宝生園にて
<ずらり、と育つ万年青たち>



万年青(「おもと」と読みます)を知っていますか?


わたくしは、知りませんでした。
オカビズに宝生園四代目、水野圭子さんがお越しになって、相談を担当する中で初めて知りました。
(同じ「水野」です、ちなみに、「ミズノケイ」まで同じです。親近感♡)


家康が愛でた開運植物「万年青」、プロの話を聞いて、知れる、買える。愛知県岡崎市 宝生園にて
<四代目 水野圭子さん>


比較的、高齢の方にファンの多い園芸植物だそうで、その見た目はとっても個性的。

江戸時代には、珍草奇木が流行し、愛好家が自慢の奇品植物を持ち寄って競い合ったとされていますが、万年青もその珍草奇木のひとつなのです。


家康が愛でた開運植物「万年青」、プロの話を聞いて、知れる、買える。愛知県岡崎市 宝生園にて

<浮世絵にも描かれる。画像の左、真ん中より下辺り>



その、葉っぱのつき方は、、、


クネクネ・・と、

家康が愛でた開運植物「万年青」、プロの話を聞いて、知れる、買える。愛知県岡崎市 宝生園にて


シャー!と、

家康が愛でた開運植物「万年青」、プロの話を聞いて、知れる、買える。愛知県岡崎市 宝生園にて

ものによりさまざま。

本当に独特な見た目ですねえ。


そのほか、
「ぐるぐるっ」「チョコン」「シャキシャキッ」などがありました。
(擬音語説明、すみません。。)





個性的×個性的、でも絵になる万年青

さらに、その個性的で独特な見た目と合わせて、万年青を植える鉢もとっても個性的!

宝生園四代目、水野圭子さんは、
「万年青は、見た目が個性的だから、これくらい派手な鉢でも負けないんですよねえ」と語ってくれました。


たとえば、こんな鉢。

家康が愛でた開運植物「万年青」、プロの話を聞いて、知れる、買える。愛知県岡崎市 宝生園にて

家康が愛でた開運植物「万年青」、プロの話を聞いて、知れる、買える。愛知県岡崎市 宝生園にて

家康が愛でた開運植物「万年青」、プロの話を聞いて、知れる、買える。愛知県岡崎市 宝生園にて

<デザイン性の高い鉢>


万年青が人間だとすると、鉢は洋服とみることができるでしょうか。

ファッションを楽しむが如く、どの万年青に、どの鉢を合わせよう・・・?
なんていう楽しみがあるのも、万年青のいいところだなと思いました。




引っ越しのお祝いに、えんぎもの万年青


引っ越しに、万年青。
「引っ越し万年青」なるものがあるそうです。

これは、歴史を紐解いていくと、書物に書かれている逸話です。


徳川家康公は関東へ拠点を移し、天正18年(1590)に江戸入城。その16年後の慶長11年(1606)、江戸城の本丸がいよいよ完成しました。
本丸完成を祝い、三河の長嶋長兵衛が万年青を3鉢寄贈、公は大変喜ばれたとのこと。
以来、「引っ越し万年青」とも言い、転居の最初に万年青を運びこむことが開運の印とされ、また邪気を祓うため鬼門の方角に置かれました。

宝生園公式サイトより引用


260年にわたる太平の礎を築いた徳川家康、このような験担ぎというんでしょうか、大切にしていたんでしょう。

鬼門の方角の邪気を払うというのは、風水の話で聞いたことがあります。




で、、、


なんと、、、


家康が愛でた開運植物「万年青」、プロの話を聞いて、知れる、買える。愛知県岡崎市 宝生園にて

わたくし水野、ちょうど夏頃に引っ越しをしたタイミングで、購入させていただきました^^;
(龍の鉢、かっこいいでしょ?)

ちゃんと、作法にしたがって、新居に入るときには、万年青を先に入れて入室したんですよ(^^)v




霊草、自分自身を写す鏡


宝生園さんの公式ホームページに、興味深い一文が・・・!


万年青はまるで人の様な存在
手をかければその分だけ
応えてくれます
万年青は自分自身を写す鏡
自分の一部かも知れません

宝生園公式サイトより引用


万年青は、自分自身の一部かもしれません・・・

だなんて!

これは、絶対枯らせられません逃げろー




新しいファン層をふやすための、取り組み

こんなにも、魅力のいっぱい詰まった万年青ですが、水野さん曰く、ファンの年齢層が上がってきて、若い世代では知らない人が多いという課題も抱えています。

そんな中、オカビズでは、相談員チーム一丸となって、「今までにない新しい万年青」の提案をサポートしてきました。


そのひとつが、

現代の住環境にマッチするようガラス瓶に入れてデザインされた、
OMOテラリュウム(オモテラリュウム)

家康が愛でた開運植物「万年青」、プロの話を聞いて、知れる、買える。愛知県岡崎市 宝生園にて



さらに、岡崎産をイメージしたパッケージ提案、
IEYASU omo テラリウム

家康が愛でた開運植物「万年青」、プロの話を聞いて、知れる、買える。愛知県岡崎市 宝生園にて

どちらも、よりカジュアルに飾れるよう、クセのないデザインになっています。
これなら、引っ越しのお祝いにも喜ばれるのではないでしょうか?



また、宝生園さんご自身の取り組みとして、

絵師さん、クリエイターさんとコラボした、斬新なデザインの鉢。

家康が愛でた開運植物「万年青」、プロの話を聞いて、知れる、買える。愛知県岡崎市 宝生園にて

家康が愛でた開運植物「万年青」、プロの話を聞いて、知れる、買える。愛知県岡崎市 宝生園にて

家康が愛でた開運植物「万年青」、プロの話を聞いて、知れる、買える。愛知県岡崎市 宝生園にて

この鉢は、きっと世界中どこを探しても、宝生園さんにしか置いていないでしょう!




おわりに・・

オカビズで、ITのサポートをさせていただく中で万年青への興味が芽生えて。
実際に園にうかがって、栽培の現場を見せていただいたり、想いを聞かせていただいたり。
自分の家に飾って、日々水をやり、育ててみて。


じわじわっと、万年青の良さが身にしみてきているこの頃です。


見た目もそうですが、なかなかに「味」のある植物なのかもしれません。
噛めば噛むほど味が出る、スルメ?的な。


そんな万年青に興味を持たれたかたは、ぜひ、宝生園の水野さんをたずねてみてください。
丁寧に教えて下さいますよキラン



ネットでも、積極的に情報発信をされていますので、コチラもチェックです(^^)v

公式ホームページ

Facebookページ

ブログ

BASEショップ


【宝生園】
岡崎市羽根町前田32-3 Googleマップ
TEL:0564-51-2265
営業時間:9:00-17:00
営業日:不定休


お読みくださいまして、ありがとうございました。



オカビズは、あなたのビジネスのお悩みをズバッと解決!
完全無料のビジネス相談所です。まずは、お話聞かせてください。

相談予約はこちらから↓↓↓


━━━━━━━━━━━━━

*オカビズのことを知るなら・・⇒公式サイトはこちら

*ブログの最新記事をメールでお届け⇒読者登録はこちら

*いいね!で新着情報をお届けします⇒Facebookページはこちら

*ビジネスに役に立つ情報をメールで配信⇒メールマガジン登録はこちら

━━━━━━━━━━━━━
同じカテゴリー(訪問記)の記事

Posted by OKa-Bizスタッフ〜