-------------------------------------
OKa-Bizセミナー・イベント申込受付中!!
-------------------------------------


2015年12月26日 11:37  カテゴリ:セミナー・イベント情報

【実践セミナー】世界最重最硬iPhoneカバー、すのこタン。ペットボトルランチャーetc.。『自社ブランドのつくりかた』




=============================

*岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Biz 第31回実践セミナー*

世界最重最硬iPhoneカバー、すのこタン。ペットボトルランチャー
アイデアひとつで世界中から注文殺到?!
『 自社ブランドのつくりかた
 ~従業員19人の町工場が仕掛けた商品展開~ 』

=============================

世界最重最硬iPhoneカバー、すのこタン。、ペットボトルランチャー・・・etc.。

多くのメディアに取り上げられ、
中には動画再生が2万回を超えるものがあるなど
世界中から大注目される開発商品たち。
仕掛けたのは、新潟県三条市(人口約10万人)にある
従業員19人の町工場 有限会社マルダイ。

代表の大竹賢一氏は、
「景気が悪くなって以降、厳しくなった経営を何とかしたいと
失敗成功も含め多くの挑戦をしてきた」と語ります。

同社が取組んだその商品づくり、ブランドづくりに迫ります。

-------------------------------------------------------
■ 開催概要
-------------------------------------------------------
日 時  2016年2月5日(金) 18:30~20:30/18:00開場
場 所  岡崎市図書館交流プラザ・りぶら3F会議室
 住所:愛知県岡崎市康生通西4丁目71(名鉄東岡崎駅下車)
http://www.library.okazaki.aichi.jp/tosho/index.asp
対 象  中小企業経営者、個人事業主、起業家など
定 員  約30名(先着順)
参加費  無料
講 師  大竹賢一(おおたけけんいち)氏/(有)マルダイ代表取締役

-------------------------------------------------------
■講師のご紹介
-------------------------------------------------------
<講師>
◆ 大竹賢一(おおたけけんいち)氏
(有)マルダイ代表取締役
1967年11月11日生まれ。新潟県南蒲原郡栄町(現三条市)出身。祖父の起業したプレス工場を継ぐ三代目。工業高校から工業大学へ進学し、卒業後は地元大手製造メーカーに就職して製造現場で経験を積んだ後、マルダイに入社した。父の跡を継ぎ30歳で社長に就任し、大手メーカーや流通からの受注と設備投資を積極的に進める。数年で売上高を2倍に伸ばすが、大量生産と際限の無い価格競争に限界を感じて、自社商品開発を強く意識するようになる。程なくしてリーマンショックで大手からの仕事が激減、幹部社員の大量離職も重なってダメージを受けるが、この時から開き直ったかのような商品開発を始め、現在に至る。趣味はアニメ鑑賞。嫌いな食べ物は魚介類全般。
 >>http://www.marudai-corp.com/
 >>http://ameblo.jp/marudaicorp/

<ナビゲーター>
◆ 秋元祥治(あきもとしょうじ) OKa-Bizセンター長
滋賀大学客員准教授
NPO法人G-net代表理事 01年創業のG-netは、中小企業支援と若者をつなぐ成功事例として全国的に評価されている。一方、中小企業支援をf-Biz・小出宗昭氏に師事し、OKa-Bizの立ち上げを担当。受賞歴に、13年経産省「キャリ教育アワード」優秀賞、12年内閣府「ものづくり日本大賞」優秀賞、09年経産省「ソーシャルビジネス55選」選出ほか。中小企業庁よろず支援拠点事業全国本部アドバイザリーボードに14年就任ほか、公職も多数。
 >>http://www.oka-biz.net/support/staff/akimoto-shoji.html
 >>http://www.gifist.net/

-------------------------------------------------------
■ お申し込み方法
-------------------------------------------------------
下記項目サイトの指定フォーマットに
必要事項を記入して、申込ください。
 >>http://kokucheese.com/event/index/363317/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ お問い合わせ ▼ 
 岡崎市経済振興部商工労政課(担当:杉浦、加藤)
  Tel:0564-23-6407 / Fax:0564-23-6213
 岡崎ビジネスサポートセンター OKa-Biz(担当:堀部)
  Tel:0564-26-2231 / Fax:0564-26-2232
  E-mail:info@oka-biz.net
  URL:http://www.oka-biz.net/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   

Posted by OKa-Biz

2015年12月24日 15:24  カテゴリ:ビジネスブログ活用

ブログ集客を成功させるために自分のステップを知ろう!(ITアドバイザー水野)

こんにちは、
ITアドバイザーの水野です。

みなさん、ブログを書いて集客できていますか?
書くだけのもったいないブログになっていませんか?


僕がオカビズで担当させていただく主な内容は、ウェブ(特にブログ)を使った集客のサポートです。
簡単にいえば、ブログを書いて集客している方法をお伝えしています。

相談の際、僕が意識しているのは、相談者さんが今どのステップにいるか?です。
どのステップにいるかによって、取り組むべき課題が違うからです。



そのステップを簡単にまとめると、以下のようになります。

Step1 ブログの操作方法がわかりブログが書ける
Step2 日々ブログを更新することができる
Step3 ブログのアクセス数が増える
Step4 見込み客がブログを読んでくれる
Step5 見込み客が心を動かされる内容を書ける


ブログで集客できる!!!


それぞれのステップで必要なことはこんな感じでしょうか?

Step1 ブログの操作方法、パソコンやスマホの扱いを覚える
Step2 ブログを書くことを習慣づける、ネタ探しに困らないようにする
Step3 ブログでアクセスを増やすコツ、タイトルの付け方を覚える
Step4 見込み客の欲しいと思う情報を提供する
Step5 自社の強み、他社との差別化を明確にし、効果的に伝える



皆さんはどのステップにいますか?
目の前の課題がわかれば、次のステップに進めます!

チェックしてみてくださいね。
それでは!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ お問い合わせ ▼
 岡崎ビジネスサポートセンター OKa-Biz 
  Tel:0564-26-2231 / Fax:0564-26-2232
  E-mail:info@oka-biz.net
  URL:http://www.oka-biz.net/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   


Posted by OKa-Biz

2015年12月10日 11:03  カテゴリ:キャッチコピー

連載『キャッチコピーにセンスはいらない!』第1回→「そのキャッチコピー、相手が言ってほしいことですか?」

こんにちは!
ビジネスコーディネーターの松田です。

前回、私が初めて投稿させていただいたブログ
「現役コピーライターによる新連載『キャッチコピーにセンスはいらない!』」
「いいね!」やコメントをくださった方、ありがとうございました!
モニターやスマホの向こうに読んでくださる方がいると思うだけで、
がぜんやる気が湧いてきます。どうぞ、末永くよろしくお願いいたします。




さぁ、それではさっそく、内容に入っていきます。
連載『キャッチコピーにセンスはいらない!』、
第1回は「そのキャッチコピー、相手が言ってほしいことですか?」です。
これは、キャッチコピーを書くうえでの心構えのようなもので、
意識するとしないとでは、「伝わり方」が全然違ってきます。

そもそも、キャッチコピーの「キャッチ」とは、
読む人の注意や心を文字通り、「キャッチ」するという意味。
だから、キャッチコピーの内容は、
相手の「興味のあること」「知りたいこと」である必要があるんですね。

そんなのあたりまえじゃない?と思われるかもしれませんが、
意外とその商品を作った人や売る人が「言いたいこと」と、
消費者が「知りたいこと」は違うことがよくあるんです。


たとえば、よくデジタルカメラなどのキャッチコピーに見られる
「世界最軽量○○g」のような表現。

作った人からすれば、そこに並々ならぬ努力があって
初めて実現した軽さなのかもしれませんが、
カメラよりも重いストラップやぬいぐるみをつけて使っている人もいるなかで、
「従来品より1gでも軽いカメラがほしい」人は、
きっとそう多くはありません。

そのキャッチコピーが、相手にとってメリットになっているかどうか?
プロでも見失いがちなことですので、注意が必要です(自戒も込めて)。

では、どうすれば「相手が言ってほしいこと」にできるのか。
次の3ステップを試してみてください。

【1】言いたいことを書き出す

これは、言いたいことそのままで大丈夫です。
その商品の魅力や特長、アピールしたいことをぜんぶ書き出してみてください。

【2】相手の気持ちを想像する
その商品を売りたい相手のことをイメージしてください。
できれば性別や年齢、収入、趣味、最近の関心事まで具体的に。

【3】相手のメリットになる伝え方をする
あなたが売りたいと思っているその商品を手に入れると、
相手はどんなメリットを、どんな未来を手に入れられるのかを示します。


例えば、カメラで言えば、
【1】特長/手ブレしない

【2】相手の気持ち/こどもの運動会をキレイに残したい

【3】メリット/かけっこ中の笑顔もくっきり!

という具合です。
業種や商品によって表現はいろいろですが、考え方はひとつ。

「そのキャッチコピー、相手が言ってほしいことですか?」

キャッチコピーはもちろん、企画書のタイトルやメールの件名などを書くときにも、
ちょっと意識するだけでぐっと伝わる表現になりますので、ぜひ活用してみてください。

ビジネスコーディネーター・松田がお送りいたしました。

■連載『キャッチコピーにセンスはいらない!』
第0回 「キャッチコピーにセンスはいらない!」
第1回 「そのキャッチコピー、相手が言ってほしいことですか?」
第2回 「ライバルがアピールしていないことをアピールする」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ お問い合わせ ▼
 岡崎ビジネスサポートセンター OKa-Biz 
  Tel:0564-26-2231 / Fax:0564-26-2232
  E-mail:info@oka-biz.net
  URL:http://www.oka-biz.net/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   

Posted by OKa-Biz

2015年12月01日 15:36  カテゴリ:キャッチコピー

現役コピーライターによる新連載『キャッチコピーにセンスはいらない!』

こんにちは!

はじめまして。
新・相談員の松田広宣(ひろのぶ)と申します。


自撮りはニガテです。。。

この11月からご縁をいただき、
オカビズに参加させていただくことになりました。
よろしくお願いいたします!

ベビーフェイスなのか、すこしぽっちゃりしているからなのか
「33歳です」と年齢を申し上げると
「あ…意外といっとるんやね」とよく言われます。
そろそろ、たるんだおなかまわり以外にも貫禄がほしい今日この頃です。

タイトルにもありますように、
私はふだん、コピーライターとしてお仕事をさせていただいております。
(ちなみに、「岡崎 コピーライター」と検索いただいて
一番上に出てくる「ARAWAS(あらわす)」というのが
私の事務所のホームページです)


ここでは、その経験のなかから、
読んだその日から使える「キャッチコピーの考え方」を発信していきたいと思います。

題して、『キャッチコピーにセンスはいらない!』


そうなんです。いらないんです、センス。
私にはセンスがないから…という方も、
安心してください!(はいてますよ!って書きたくなりますね)
自分を否定するようですが、キャッチコピーはどなたでも書けるようになります。

なぜでしょうか?
それは、キャッチコピーに必要なのは、
「コツ」だからです。

「センス」と言われるとお手上げですが、
「コツ」ならできそうですよね。

私もコピーライターを志したとき、
「センスはいらない」と聞いてすごく励まされたのを覚えています。


では、さっそく、
その「コツ」をひとつご紹介し…え、長いですか?

そうですか…せっかくなので
ひとつご紹介して終わろうかと思ったのですが…
そうですよね…みなさん、お忙しいですよね…

え?引き伸ばそうとしている?
回を稼ごうとしている?
そ、そんなわけないじゃないですか!

いや、もう師走なのであまりお時間を頂戴してもどうかと…(もごもごもご)
いずれにしても!お忙しいところお読みいただき、ありがとうございました!


次回以降、ちゃんとキャッチコピーを書く
「コツ」についてお伝えしていきますので、
新連載『キャッチコピーにセンスはいらない!』にご期待いただければ幸いです。
今後とも、よろしくお願いいたします。

ビジネスコーディネーター・松田がお送りいたしました。

■連載『キャッチコピーにセンスはいらない!』
第0回 「キャッチコピーにセンスはいらない!」
第1回 「そのキャッチコピー、相手が言ってほしいことですか?」
第2回 「ライバルがアピールしていないことをアピールする」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ お問い合わせ ▼
 岡崎ビジネスサポートセンター OKa-Biz 
  Tel:0564-26-2231 / Fax:0564-26-2232
  E-mail:info@oka-biz.net
  URL:http://www.oka-biz.net/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   


Posted by OKa-Biz