-------------------------------------
OKa-Bizセミナー・イベント申込受付中!!
-------------------------------------






2017年10月19日 12:15  カテゴリ:お役立ち情報カテゴリ:オカビズ相談員によるコラム

「ブログが書けない・・」というお悩みについて

こんにちは、オカビズITアドバイザーのミズノです(、`)ノ


ご存知のとおり、お金をかけずに集客を可能にする「ブログ」。
「ビジネスブログ」と呼んだりもしますが、
個人でビジネスをしている人にとっては強い味方。
便利な世の中になりましたね。

実際に、ブログだけで集客して、ビジネスを成功させている方がいます。
オカビズでも、ブログを活用した集客をオススメすることがあります。


「では、こういったことをブログに書きましょう。まずは週に3本を目標に!」

「わかりました!やってみます!」


と、そんな中、
しばらくしてお会いすると・・

「書かなきゃと思うんですけど、書けないんです・・」

というお悩み・・。


それに対して、

「それはあなたのやる気がないからだ!つべこべいわずに書きなさい!」

なんてことは言いませんよ(笑)



ちょっと視点を変えてみます。

「ブログが書けない」ということを、
深掘りしていくと、ビジネスにおいて大事な発見があったりします。



なんで書けないんだろう・・?と、考えてみましょう。


・自分の商品の強みやウリがわからないから?
・誰に届けるか(ターゲット)が明確になっていないから?
・自分の商品力に自信がないから?


理由は、人それぞれだとは思いますが
「書けない理由」はそのまま、解決すべき課題
と捉えることができます。



長年、ブログのサポートを仕事にしてきましたが、
ブログにはその人のそのまんまが出ます。
ですから、ビジネスをしていく上での課題というのも、隠れているんですね。


課題が見つかったら、それを解決すべく、知恵を出していく。
課題が解決したら、ブログが書けるようになっていく。

オカビズは、そのサポートをさせていただく場です。



あ、とは言っても、

「書けないな、気が乗らないな、やーめた」

と、すぐに諦めてしまうのはダメですよ。


「なんだか書けない、なんでだろう・・」

と思っても、そこからがんばって5本書く!

そのがんばりが、道を開くための発見につながるのだと思います。



  


Posted by OKa-Biz

2017年10月13日 10:50  カテゴリ:お役立ち情報カテゴリ:ウェブ・ホームページ活用カテゴリ:オカビズ相談員によるコラム

ネットショップ成功へのヒント〜他にはないユニークな商品をつくる

こんにちは、オカビズITアドバイザーのミズノです。
今日は「ネットショップ」についてのお話です。

オカビズにも、「ネットショップをはじめたい」とのご相談が多くよせられます。

今では、ネットショップの制作ツールも無料ででていて、
ヤフーショップやBASEなどなど、
ネットショップ出店のハードルは低くなっていますね。


そんなこともあり、ネットショップをはじめてみたはいいものの・・

「思ったように売れない」
「ネットショップって、結構大変なのね」


そんな声をよく耳にします。


では、ネットショップを成功させるには何が必要でしょうか?


・・・成功するやり方は様々、でも一つ、わたくしからのご提案として、

「他にはないユニークな商品をつくる」!!!


ネットショップに出店するとなると、全国のお店が競合になります。
他と同じ商品では、埋もれてしまったり、価格競争になったり・・。
苦しい戦いを強いられます。


そんな中、お店の個性を活かした、他にはないユニークな商品だったらどうでしょう?


オカビズでサポートした、「ユニークな商品」を2点ご紹介しますね。


渡辺米穀店さんの、
「米(マイ)セルフブレンド*ワイン瓶3本セット/オリジナルお米のギフト」



→実際のページはこちら



NPO法人ハートフルフレンズさんの、
「自然素材の冷凍クッキー生地」



→実際のページはこちら


お店や、事業者さんの特徴を活かして、ユニークな商品になりました(^^)v


もし、ほかにはないユニークな商品をつくりたい!とお考えでしたら、ぜひオカビズにご相談ください。
まずは、みなさんの「強み」「ウリ」をじっくり見つけていくところからサポートいたします!


また、ネットショップについて、始めてみたいがいろいろ聞きたい、やってみたものの中々売上に繋がらないなど
お悩みの皆さま、
11月13日にそんなお悩みをまるっと聞ける相談会を行います!


楽天のコンサルタントをお呼びして1時間相談できる『ECコンサルタントによるネットショップ個別相談会』。



毎回人気で多くの方のお申し込みをいただいております。
是非お気軽にお申し込みください!

以上、オカビズITアドバイザー水野がお届けしました!

⇒水野のプロフィールを見る


  


Posted by OKa-Biz

2017年09月28日 13:43  カテゴリ:ウェブ・ホームページ活用カテゴリ:オカビズ相談員によるコラム

無料で継続的な集客ができるウェブ発信、、、大切な心がまえとは・・?

こんにちは、オカビズITアドバイザーのミズノです(、`)ノ





日々、オカビズには、IT・ウェブ関連のご相談をたくさんいただいています。


なにかと、スマホキラン

という時代で、企業のウェブ発信の重要性がどんどん高まっています。



そんな中、これから、ウェブを通じた発信をはじめる方に、

3つの大切なポイントをお伝えいたしたいと思いますピース






1. ウェブは育てると資産になります

ウェブの発信は、折込チラシなど一過性のものとは違い、いちど効果がではじめると、継続していきます。「育てる」という意識でのぞみましょう。


そうなんです!
ウェブのいいところは、「効果が継続する」ことですね。

たとえば、あなたが岡崎市でお弁当屋さんを営業していて、ブログが「岡崎市 お弁当」で検索上位に入ると、そこから継続的に、日々お客さんが来てくれることになります。



2. 成果が出るには時間がかかります

しかし、植物がすぐには育たないように、成果が出るまでには時間がかかります。すぐには反応がなくても、水やりをしている気持ちでいましょう。


はい。
「無料で、継続的に、集客できる」これが、ウェブ発信のいいところなのですが、そんなにうまい話はありませんね。
時間をかけて、じっくりと育てることで、集客できるウェブに育っていきます。

では、具体的にどのくらいで成果がではじめるのか?

そうですね、ケース・バイ・ケースではあるのですが、およそ半年くらい継続すると結果が出ているように思います。
(早い方だと、ものの1週間で集客につながったケースがありますが、これは特別ですねしっしっし



3. スポーツと同じでトレーニングが必要です

ウェブでの発信は、主に文章を書く技術が求められます。これは、スポーツに似ていて、上手にできるようになるには、トレーニングが必要です。


はい。
「文章を書くの、苦手だわ〜」という方、多いと思います。

しかし、ご存知のとおり、インターネットは文章のやり取りがメインですので、文章を書く訓練は必要です。

ただ!
文章を上手に書く必要はありません。
まずは、「気持ち」、「ウチの商品を知ってもらいたい!」という気持ちが大切です。

書き方のコツなどは、相談の中で、みなさんのペースに合わせてお伝えしていきますね。




以上を踏まえて、みなさんがご自身でウェブ集客ができるようサポートをいたします。


ウェブを活用して、無料で継続的な集客をしたい!
という方、ぜひオカビズをご利用ください。



以上、オカビズITアドバイザー水野がお届けしました!

⇒水野のプロフィールを見る







  


Posted by OKa-Biz

2017年09月09日 12:00  カテゴリ:お役立ち情報カテゴリ:オカビズ相談員によるコラム

新規顧客開拓でお客様からの信頼を得るには『強み』を活かすことが必須です

ビジネスコーディネーターの高橋です。



新規顧客開拓は、多くの事業者さまにとって重要な課題の一つ。

新規のお客様とのアポイントが取れて、商談を進めることができても、
すべてが成約に至るわけではないですよね。

BtoBビジネスは長い取引となっていくビジネスであり、お客様も初めての取引に慎重になります。

初めての取引を成約させてためには、お客様からの信頼を得る必要があります。
そのためには、御社がお客様の要求に対して
「既存業者が簡単に追随できないレベルで優れている点」
すなわち御社の『強み』を活かさなければなりません。

既に使用されている商品・サービスからの切り替えを狙う場合、
お客様が満足していないことを解決する提案が必要です。
ただし、既存業者より少々上回っている程度では、
相手も「合わせます」「勉強します」といって追従してきます。
こっちも必死ですが、相手も必死です。
ですので、自社の強みを磨いて活かしたアプローチが必要です。


私が勤めていた会社は
オーダーメイドの電子部品・モジュールを開発・製造・販売していました。
会社ができたばかりの状況で、
取引のない大手企業の大型案件受注に向けた
競合他社との激しい競争がありました。
その激しい競争に勝ち受注できたのは、
『圧倒的なスピード対応力』でした。

毎日のように発生する仕様変更など
お客様の要求に対して、その日のうちに対応することで信頼を得ていきました。
競合他社は対応が遅れ
我が社とお客様とのやり取りがドンドン先行していくので、
 ・お客様との関係が良くなる
 ・お客様の情報を一番早く入手できる
 ・我が社の設計した内容がお客様標準となっていった
なども起こりだし、他社は次々と脱落していきました。

結果として、その大型案件を受注することができました。

しかし、『強み』だけでは
大型案件や重要顧客における新規顧客開拓は難しいのが実情です。

そこで、御社の『強み』を支える役割となるのが、
『実績』と『供給能力』です。

【実績】
BtoBビジネスの商談において必ず相手から聞かれます。
「ところで、この商品の納入実績を教えてください。」
と実績を聞かれます。
市場クレームは避けたいものですし、
安心して使用できる製品を採用したいということになります。
ですので、その製品の納入実績やお客様から得ている評価、
その製品が新製品の場合は類似品の実績や試作品の実力など、
何らかの実績を認めてもらう必要があります。
全く実績が無い場合、モニタリング等として無料でまずお渡しして
使ってもらってその良さを体験していただく手もあります。

先ほど事例として挙げた私の会社では、
過去の実績や試作品の実力を認めてもらい、商談を進めることができました。


【供給能力】
企業対企業の取引では、求められる品質レベルで、
より安く、必要なときに納入することが求められます。
数量についても欠品は許されません。

供給責任が求められます。
新たに取引開始した業者の製品において
トラブルが発生した場合、業者に責任追求されるのはもちろんですが、
購買決定者の責任問題となってしまいます。
ですので、購買決定者は新たな取引に慎重になります。

私の会社では、当初、海外の製造会社に生産委託をしたものを
量産品として納入する計画でした。
しかし、お客様が供給能力を疑問視されたため、
類似品の製造実績が豊富な国内の製造会社に生産委託をすることとして
品質監査を受けて、お客様の信頼を得ることができ、取引開始となりました。


御社の『強み』と、それを支える『実績』『供給能力』
お客様にしっかりと伝えて信頼を得ることが大切です。

オカビズでは、常日頃からみなさまの『強み』を見つけ、
お客様のニーズに向けて『強み』を打ち出すサポートをしています。

ぜひお越しください!



  

Posted by OKa-Biz

2017年07月25日 16:47  カテゴリ:お役立ち情報カテゴリ:ウェブ・ホームページ活用カテゴリ:オカビズ相談員によるコラム

パソコンでネットをする時代は終わった・・・?!

こんにちは!オカビズITアドバイザーの梅村です。

あなたは今、なにを使ってこのブログを読んでいますか?
パソコンですか?スマートフォンですか?


オカビズにはたくさんの事業者さんが相談にお越しいただきますが、
ホームページやネットショップなど、ネット関連のご相談も増えています。


みなさんすでにお気づきかとは思いますが、

これだけモノや情報にあふれている時代、
いくら良いものを作っていても、良いサービスをしていても、

それだけでモノが売れる時代は終わりました。


インターネットも活用して、
積極的に、効果的に、情報を発信しないといけません。

私たちの生活を振り返ってみても分かるように、
「これじゃなきゃダメ!」という商品は、そんなに多くありません。

ほとんど全てのものが、
何かしら類似商品や代替商品があり、
いろいろなメーカーが似たようなものを似たような値段で販売しています。


そんな中で、いかに上手にインターネットを活用して、
うまく情報を発信していけるか。

他の商品よりも強みや魅力をアピールできるか。


いまや、ネット活用はあたりまえの時代です。

「ネットは苦手なので・・・」

「難しいことはよくわからん・・・」


わかります。

HTMLとかWi-Fiとか、プロバイダーとか、
カタカナばっかで、わけのわからん世界ですよね。


ですが、そんなことを言ってると、
周りの競合他社はどんどんネットを活用して有利に商売を進めていきます。


インターネットは怖くありません。

誰でも、ちょっと操作を覚えれば、簡単に情報発信ができます。
また、情報発信には、コツや戦略もたくさんあります。


オカビズでも、ネット関連のサポートができる専門の相談員がいて
みなさんの情報発信やご商売を支援できる体制が整っています。

「我が社も、いつまでもアナログじゃいかんか。そろそろ挑戦してみるか・・・」


そんなとき、ぜひお気軽にオカビズへご相談ください。

みなさんの知識やスキルレベルに合わせて、無理なくできる戦略を一緒に考えます。




ちなみに、今日LINE株式会社から、こんなアンケートの調査結果が出ています。

日常的にインターネットを利用する環境は・・・



10~50代で「スマホしか使わない」という人が46%

10代では「スマホしか使わない」7割も!


パソコン苦手~とか言ってるうちに、
今度はスマホのほうが重要になっていますよ。

パソコンでネットをする人が減っています。

これからの時代は、スマホでのネット利用を想定して、
ホームページやネットショップを構築しないといけません。

パソコンで見るときれいなホームページでも、
スマホで見たら使いにくい・・・そんなサイトになっていませんか?

利用者の多くはスマホです。
スマホ優先で考えていきましょう!


▼出典: LINE株式会社・・・調査結果の詳細はこちら  


Posted by OKa-Biz

2017年05月16日 12:07  カテゴリ:お役立ち情報カテゴリ:スタッフよりカテゴリ:オカビズ相談員によるコラム

成功率95%以上 新規顧客開拓の初回アポ取りテクニック

ビジネスコーディネーターの高橋です。


新規顧客開拓は、多くの事業者さまにとって重要な課題の一つです。

最初のハードルは、いかにして初回訪問の約束をとりつけるかです。

新規顧客開拓におけるアポ取りは、お客様とのファーストコンタクトです。
アポ取りでも「第一印象」が非常に大事です。

電話をかけた最初の1分のやり取りが命運を左右します





皆さまはどのようなトークでアポ取りをされていますか?

実はほぼ確実に初回訪問につなげることができるコツがあります。
私が商社で営業をしていたときに実践していた方法です。
以下のようなトークでアポ取りをしていました。

「はじめまして、R社の高橋と申します。
御社のホームページを拝見してお電話いたしました。
弊社はM社の販売代理店で、半導体や電子部品の専門商社です。
そして、M社以外にも特徴ある製品を取り扱っています。
今回お電話しましたのは、弊社が販売代理店になっている、
A国の電源用部品メーカーS社の製品○○の紹介のためです。
その製品は、世界で現在販売されている中で最も低消費電力を実現したもので、
A国のパソコン市場でトップシェアとなっています。
是非とも御社にご紹介いたしたくお電話した次第です。
設計の方にお取次ぎをお願いできますか。」



といった内容です。
既にその製品を検討していた方以外には、ほぼ全員に会ってもらうことができました。


このトークには相手の3つの疑問に答えて納得してもらう3つのポイントがあります。


==============
ポイント1「どうやって知った?」
==============

初めての電話です。
相手はどうやってこの連絡先が分かったのかを知りたいです。
この例では
「御社のホームページを拝見してお電話いたしました。」
と伝えています。

もし誰かの紹介があってコンタクトしているのであれば、
相手もすぐに話を聞く体勢としてもらえることでしょう。

やはり紹介営業は強いです。


=============
ポイント2「あなたは何者?」
=============

信用を得るためには、自分が何者かを伝える必要があります。
この例では
「弊社はM社の販売代理店で、半導体や電子部品の専門商社です。」
と伝えています。

R社をご存じのない方もいらっしゃいましたので、
M社という誰もが知っている会社名を出すことで
信用を得るための工夫をしています。

ブランド力、大事ですね。

===================
ポイント3「私(当社)にとってのメリットは?」
===================

一番のポイントはここです。
メリットが無ければ話を聞こうという気にはなってもらえません。
この例では
「世界で現在販売されている中で最も低消費電力を実現したもので、
A国のパソコン市場でトップシェアとなっています。」
と伝えることで、ほぼ確実に初回訪問につなげることができました。

携帯情報端末の設計者さまにとって、
機器の消費電力を下げることは永遠の課題であり、
それに貢献することに関する情報になるので会っていただけました。


相手のニーズに応える提案営業、アポ取りのときから始まっているわけです。


「新規顧客開拓の初回アポ取りトーク設計シート」を用意しましたので、
新規顧客開拓の初回アポ取りトークを考えるときの活用してみてください。
オカビズにお越しになった際にお渡しさせていただきます。


オカビズでは皆さまの新規顧客開拓のサポートもしています。


今回はアポ取りのお話でしたが、
そのような具体策を打ち出すお手伝いをしていますので、
ぜひお越しください。

  


Posted by OKa-Biz

2017年05月12日 18:09  カテゴリ:お役立ち情報カテゴリ:ウェブ・ホームページ活用カテゴリ:オカビズ相談員によるコラム

オカビズITアドバイザーが伝授!検索エンジンで上位に位置するコツ

こんにちは、ITアドバイザーの梅村です。


今年のゴールデンウィークは、三重で開催されている、お伊勢さん菓子博2017(第27回全国菓子大博覧会)に行ってきました!(^^)


岡崎市の和菓子屋さんやお菓子屋さんも何社か出品されていて、知ってる名前も多くてニヤニヤと楽しんできました~。まるで本物かのように、お菓子で植物や動物などが作られてます。和菓子って、繊細で美しいですよね。職人さんの匠の技に圧巻です。


さて、今日はITアドバイザーっぽく、検索エンジン(Yahoo!やGoogle)についてのお話です。


オカビズへお越しいただく相談者さんも、自社のサイトやブログの検索順位をとても気にされています。
「うちのサイトを検索で上のほうに出せるようにしたいです!」「SEOについて教えてください!」などなど。


検索エンジンは基本コンセプトとして、「検索する人にとって役立つ情報を、より上位に出す」という仕組みになっています。


そのため、ある程度は検索上位に持っていくコツはあるものの、
結局は「ページの中身がいかに見る人にとって役に立つか」がすべてです。



AI・人工知能ということばが広まっていますが、Googleなどもまさに最先端の人工知能です。
ただ単純にキーワードが一致するページを探すだけでなく、検索している人の位置情報や嗜好、性別や年代、さらには検索している時間帯や頻度などもGoogleさんは考慮して、検索結果を表示しています。


例えば、↓添付の画像を見てください。
オカビズから「auショップ」というキーワードだけで検索すると、岡崎市内のauショップを優先的に上位に表示してくれます。




「岡崎」というキーワードは一切いれてないにもかかわらず。
これが名古屋市内で検索した場合は、名古屋の周辺ショップが上位に表示されます。


いまや検索する人によって、検索結果の並び順はバラバラなのです。
いま岡崎にいる人が求めているのは岡崎の情報であって、
北海道のauショップ情報はいらない可能性が高いというとこまでGoogleが自動で判断しています。


ちょっと怖い一面もありますが、とても便利ですよね。
検索する人に合わせて検索結果をガンガン自動で並び替えてくれます。


他にも、いろいろな仕組みやアルゴリズムが複合的に影響しています。
より詳しく知りたい方はぜひオカビズにお越しください。
売上アップにつながる検索対策や、ホームページの上手なアピール・発信方法なども、専門のITアドバイザーがおチカラになれますよ~(^^)


  


Posted by OKa-Biz

2016年12月08日 15:27  カテゴリ:オカビズ相談員によるコラム

飲食店が成功するのに必要な「3つの味」とは? 飲食店創業・開業の成功レシピ

こんにちは! オカビズのビジネスコーディネーターの高橋です。




今回、飲食店の開業を考えている方へお伝えしたいことがあります。

それは「成功には3つの”味”が必要です」ということです。
それらは『料理』の味、『人』の味、『雰囲気』の味の3つです!


四ツ葉のクローバー『料理』の味

当たり前のようですが、成功している飲食店は、料理の味が美味しいです。

開業する方自らが調理されるお店も多いですが、成功しているお店は、
「こだわりの食材を使い、こだわりの味付けで提供したい」
「毎日のように食べてもらいたい」
「身体に良いものを味わってほしい」
など、それぞれのお店のコンセプトが料理に表現されています。

いずれにせよ「また食べたい!」とお客様に思ってもらうことが大事です。
料理の味が美味しくなければ、また食べたいとは思ってもらえません。


四ツ葉のクローバー『人』の味

成功している飲食店は、サービスの質がよいです。
日本のサービスの魅力に『おもてなし』がありますが、飲食店でも同じです。

手厚いおもてなしが魅力のお店、さりげない気遣い、あるいは気さくな感じが魅力のお店など、お店によって様々ですが、料理だけでなく、人と人とのふれあいも飲食店の魅力ではないでしょうか。

また会いに行きたい!」とお客様に思ってもらえる接客が大事です。


四ツ葉のクローバー『雰囲気』の味

そして、料理の内容や接客スタイルに合わせたお店の『雰囲気』を演出することも必要です。

あるお店では、女性が一人でも気軽に立ち寄れる雰囲気となるように、木のぬくもりと白を基調にした明るい内装にしてお客様に喜ばれているところがあります。
繁盛店は、お店の内装だけでなく、外装もお店のコンセプトに合わせています。

居心地がいい!」とお客様に思ってもらえるお店にすることが大事です。


しかし、「3つの味」だけでは、飲食店は成功できません

そして、この3つの”味”を支える要素もしっかりとおさえることが必要です。
それは『資金調達』『情報収集』『事業計画書』の3つです。


飲食店を開業する場合、他の業種と比べて開業に必要な資金額は大きいです。それは、土地や建物を借りるとしても、内装や設備・備品などを用意する必要があるためです。
ですので、どのようにして『資金調達』するかが大きな課題となります。

また、多額のお金をかけて始めても、お客様に来ていただかないと営業を続けていくことができません。来てほしいお客様のニーズや競合店の状況をしっかりと調査して、チャンスがあることを事前に把握しておく必要があります。
適切な『情報収集』を行って判断することが重要です。


そして、金融機関から必要資金を借入するには『事業計画書』の提出が必要ですが、『事業計画書』があることで、計画どおりにいかなかった場合の打ち手をタイムリーに検討できるようにもなります。




せっかくの『3つの味』を無駄にしないために

味に自信があり、接客に自信があり、雰囲気づくりにも自信がある。
そういった方は、開業して成功する確率が高いと言えるでしょう。

しかし、いくら「3つの味」がそろっていても、それを支える
『資金調達』『情報収集』『事業計画書』ができていなければ、
せっかくの味がもったいない!です。

『資金調達』『情報収集』『事業計画書』はいわば出汁(ダシ)でしょうか。


オカビズでは、『資金調達』『情報収集』『事業計画書』に関するサポートをしています。
創業をお考えの方はぜひ一度オカビズにお立ち寄りください。

あなたの”持ち味”を見つけるお手伝いもしています。

もちろん、飲食店以外の創業希望の方もお待ちしていますよ。

  


Posted by OKa-Biz

2016年10月08日 11:00  カテゴリ:オカビズ相談員によるコラム

【やりたい事業を実現するために】融資が迅速に進む事業計画書作りの3つのポイント



こんにちは。

「これから新しく事業を始める為に、借入が必要だけど、事業計画は何に気を付けて書けばよいかわからない。」

「借入の申込みをしたが、なかなかスムーズに審査が進まない。」

オカビズにも、融資に関する相談が多くあります。


せっかく、よいビジネスプランを持っていても、
融資を受けられなければ実現できず、せっかくのアイディアがもったいないですね。


融資が受けられない原因の多くは、良い事業なのに良さが伝わっていないことです。

本人は事業のことがわかっていますが、専門用語や想いを並べても
審査する側には伝わらず、結果的に資金が調達できません。

だから事業計画書がわかりやすく書くことが必要です。


・・・とはいえ文章が苦手という方が多いはず。

そこでオカビズでは事業計画づくりもサポートしています。


相談事例をもとにポイントをお伝えしたいと思います。



<融資が迅速に進む事業計画書作りの3つのポイント>


(1)わかりやすく、シンプルに、ストーリー性を持って伝える

あまり作り込んでしまうと、専門的で理想が先行し、かえって分かりにくいものになりかねません。審査する人は、その分野の専門的知識があるとも限らないので、わかりやすい表現で場合によっては図や写真も使うと良いと思います。

起業しようと思ったきっかけ、経歴、将来どうありたいかなどストーリーを意識して事業計画を作成することで、伝わりやすいものとなります。


(2)返済ができる事を裏付けを持って示す

金融機関は「売上がいくらまで減っても返済できるか」という視点で審査を進めます。
売上や仕入れについて、受注予定表や発注書、見積もりなどの裏付ける客観的資料を添付することで、返済の可能性を高めることができます。

過去の業績データや起業の場合でも同業の平均数値データに基づき、整合性を確認しながら信頼ある計画をつくると良いでしょう。
また、自己資金や親族も含めた資産や収入の状況も場合によっては伝えるとプラスになります。


(3)実現可能性があること

フランチャイズやモデルとなる店があっても、実際事業を行うのは本人です。

たとえ事業を行う方がその業界で経験がなくとも、行う事業において研究し市場ニーズを把握することが重要です。(1)や(2)も踏まえ、無理なく事業が継続できるか、実現可能かを判断することになります。


いかがでしたでしょうか?

事業計画は自分の事業が成功する為の道しるべです。「金融機関向け」に事業計画書を作ると絵に描いた餅になりかねません。
また、慌てて金融機関に行き、担当者との面談で印象を悪くしないよう準備をすることも大事です。


オカビズではやりたい事業が実現できるよう、それぞれの事業者に応じた課題解決をサポートしていますので是非お越しください。  


Posted by OKa-Biz

2016年08月18日 16:25  カテゴリ:オカビズ相談員によるコラム

創業を考えられている方へ ~創業計画書を作成し、現状を客観的に把握しましょう~

こんにちは! ビジネスコーディネーターの高橋です。



創業を考えていらっしゃるあなたは、
いつ、何を、どのように事業として立ち上げるのか明確になっていますか?

小売店を創業された方の例です。

ご本人は営業力を強みとして認識されていましたが、『創業計画書』でご経歴を確認した際に店長経験があることが分かりました。

仕入や人員配置など店舗運営のすべてを仕切られていたということで、すなわち店舗のマネジメントができるということであり、これも事業を行う上で強みとなります。

融資を受ける際にも創業の実現可能性について説得力を高めることになります。

また、収支計画作成において、売上をどのように上げるのかの明細をしっかりと考える機会となったことで、解決すべき課題が明確となり、具体的な解決策も出てきました。

創業するということは、将来ありたい姿を想い描き、その実現を目指すことになります。
初めていく場所にたどり着くには地図があると便利なように、将来ありたい姿の実現への道のりを進んでいくには、地図にあたる『計画』が重要なものとなります。
創業においては『創業計画』となります。

創業を考えていくにあたって、まず現状を客観的に把握することが必要です。

事業の経営に必要なものとして、よく「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」が必要といわれています。

「情報」といわれてもピンときにくいかもしれませんが、あなたの持っている『強み(魅力)』が「情報」だと考えてください。

そこで、現状把握のひとつとして、ご自身の『強み(魅力)』を洗い出してみましょう。
でも、自分自身では、ご自身の『強み(魅力)』が当たり前すぎて、逆に気づきにくい場合が少なくないです。

オカビズでは、あなたが事業を経営するうえで重要となる『強み(魅力)』を発見して活かしていくことを窓口相談で行っています。

そして、将来ありたい姿と現状とのギャップがありますよね。
事業を始めると、そのギャップを埋めていくことが必要になります。
そのときに役立つツールが『事業計画書』であり、創業では『創業計画書』となります。

計画を立てることで、何ができていて、何ができていないかが明らかになります。
オカビズは、あなたの夢の実現に向けて、創業の計画づくりからサポートしています。

  


Posted by OKa-Biz