-------------------------------------
OKa-Bizセミナー・イベント申込受付中!!
-------------------------------------


2017年06月23日 10:42  カテゴリ:新商品・新サービス開発記

老舗に裏付けられた技術を活かし新展開!創業83年の盆栽園「大樹園」さんをサポート

OKa-Biz、スタッフの飯田です。

先日、岡崎の老舗盆栽園の大樹園の鈴木さんが、お越しになりました。
 >>http://kuromatu-daijuen.com/




大樹園さんは、創業83年で、今日お越しくださった鈴木さんは若き4代目。
長い歴史に裏付けられた確かな技術があり、世に出た名樹はたくさん。
また、盆栽のみならず一人一人の個性を見出して育ててきた弟子たちも裁界で活躍しているそうです。

そんな大樹園さん、今後の展開として、
新サービスの開始の戦略を一緒に練ってきました。
この日はビジネスコーディネーターの高木と意見交換。

8月にお披露目をかねたイベントを実施されます。
とっても奥深い盆栽の世界。
ご注目いただけるように、着実に準備を進めています。

大樹園さんのチャレンジ、今後の展開が楽しみです。

事業者さんや起業家さんが、事業を継続していくためには、いろんな課題があります。
明確に課題が見えていない場合でも、大丈夫です。
OKa-Bizでは、みなさんのお話をじっくり聞き、真の強みを見出し、知恵を使って今の流れを変えるサポートで、事業者さんの売上アップを応援します。
ぜひ、気軽にご相談ください。


  


Posted by OKa-Biz

2017年05月30日 10:00  カテゴリ:新商品・新サービス開発記

企業の強みを明文化!デイサービス青空さまの新たな展開をサポート

OKa-Bizスタッフのまつしたです。

先日、認知症対応型通所介護デイサービスあおぞら兵藤さんが、お越しになりました。

あおぞらさまといえば、約1年半ほど前、初めてOKa-Bizにお越しになりました。
認知症専門のデイサービスとして、
ほぼマンツーマンで丁寧なサービスを展開されています。
強みをしっかりと情報発信される中で、
現在、常に利用者さんが満員状態なのです。

そんなあおぞらさま、今回コンセプトをパワーアップし、
利用者さまを大切にするのはあたりまえ、
だからこそ職員を大切に!と
日本一、職員が幸せなデイサービスを目指す取り組みをされ始めています。
今回は、その取り組みの情報発信について、
ビジネスコーディネーターの松田と意見交換を行っています。



ビジネスコーディネーターの松田は現役のコピーライター。
デイサービスあおぞらさまの強みが伝わる企業理念やキャッチコピーを一緒にディスカッションしながら構築中。

なんと兵藤さん、自社の職員にヒアリングし、「あおぞらの自慢100」を作成してきてくださいました。
デイサービスあおぞらさまの良いところが100個抽出されているのです!!

この強みがしっかり皆さまに伝わるよう、松田がじっくりお話を伺いながら今後も兵藤さんと案を練っていきます。

デイサービスあおぞらさまの今後の展開を引き続き応援します!

事業開始、事業継続を行ううえで、明確に課題が見えていない場合でも大丈夫です。
OKa-Bizでは、皆さまのお話をじっくり聞き、真の強みを見出し、知恵を使って今の流れを変えるサポートで、売上アップを応援します。

ぜひお気軽にご相談ください。

  

Posted by OKa-Biz

2017年05月20日 16:21  カテゴリ:新商品・新サービス開発記

写真映えする〇〇みたいな大福!?福寿園さんの新商品展開をサポート

企画広報の飯田です。


創業45年で、季節のお菓子を提供する
御菓子司 福寿園さんが、お越しになりました。





地元愛知の厳選した材料を使用した菓子を製作するお取り組みをされてます。


前回、センター長の秋元と
具体的に、新たな商品開発に取り組むため意見交換。


今回は、現役のコピーライターである松田が、
夏に発売する新商品の見せ方やネーミングなどをディスカッション。


写真映えする、
「これは!」と思うものが誕生する予感です。
今後出来上がるのが本当に楽しみです。


福寿園さんのチャレンジ、
オカビズは、プロのチームで、応援していきます!


事業者さんや起業家さんが、事業を継続していくためには、情報発信含め、いろんな課題があります。
明確に課題が見えていない場合でも、大丈夫です。

オカビズでは、みなさんのお話をじっくり聞き、真の強みを見出し、知恵を使って今の流れを変えるサポートで、
事業者さんの売上アップを応援します。
ぜひ、気軽にご相談ください。

  


Posted by OKa-Biz

2017年05月15日 10:22  カテゴリ:相談者がメディアに掲載されました!カテゴリ:新商品・新サービス開発記

「渡辺米穀店」さんが朝日新聞に掲載されました。

企画広報の飯田です。


岡崎市矢作町のお米屋さん、「渡辺米穀店」さんが朝日新聞(5/9夕刊)に掲載されました。
朝日新聞デジタル版にも掲載されていましたよー。





渡辺米穀店さんの新しく始めた「お米のバー
五つ星お米マイスターの店主の渡辺さんが、好みに合わせてお米をブレンドしてくれるサービスです。


そう、まさに気分や好きな味に合わせてカクテルを作ってくれるバーのマスターのようなんです。


渡辺さんがブレンドしてくれるお米は本当においしく、
それにサービスも選ぶ楽しみを与えてくれます!


記事ではサービスの内容となぜこのようなサービスを始めたかが記載されています。


オカビズでもまさに、どう売るかの展開の部分について、
一緒に意見交換しながら、サポートさせていただきました。


記事にも少しだけ登場させていただきましたよー。


今後も引き続き、渡辺さんのチャレンジをサポートしていきます!


オカビズでは、新たなサービスの展開についてもサポートしております。
皆さま、是非お気軽にご連絡ください。


【株式会社渡辺米穀店】
〒444-0943
愛知県岡崎市矢作町字市場62
TEL 0564-31-3660
https://www.facebook.com/watanabebeikoku
http://watanabebeikoku.boo-log.com/e397805.html
  


Posted by OKa-Biz

2017年05月06日 13:37  カテゴリ:新商品・新サービス開発記

復刻ドラゴンは序章、純国産花火再起プロジェクト本章「ドラゴンズ・ドラゴン」始まる!

高嶋です。


太田煙火さんの「ドラゴンズ・ドラゴン」プロジェクトはじまりました!!
> https://camp-fire.jp/projects/view/26730






昨年の夏、旋風を巻き起こした玩具花火「復刻ドラゴン」。
今年は、地元・中日ドラゴンズとコラボした「ドラゴンズ・ドラゴン」にチャレンジです。


====
真の狙い
====

このプロジェクトは、単に太田さんが、そして私がドラゴンズファンだからではありません。
真の狙いは、面白い花火を使うきっかけを作り、もう一度、花火の面白さを再発見するきっかけにしてほしいと立ち上げたプロジェクト。
これを機に、豪快な個性ある純国産花火の需要を増やすことを目指しています。


====================
中国産花火に押されている純国産花火の現状
====================

実は、現在日本の花火市場の9割は中国をはじめとする外国産のもの。
ちなみに、原料まで国産で揃えた純国産花火は数パーセントだそうです。

その要因を太田さんはこう話しています。

話は、昭和50年頃にまでさかのぼります。当時は言わば、バブルの時代。増え続ける花火のニーズに国内の生産だけでは応えきれず、中国に製造を頼ったことが、振り返ればそもそものきっかけになっています。当時、外国産の花火の品質はあまり良くなく、日本からの技術指導もあり日本品質に匹敵するものが入ってくるようになっていました。
しかし、そんな昭和50年頃をピークに花火の需要は減少。結果、国産よりも安い外国産の花火が主流になっていきました。



なぜ花火の需要が減っているのか。
その要因の一つとして、花火がしにくくなっている現状があると、太田さん。
音がうるさい、煙がうるさい、火花が高いのは危ない。。。
なんて。
音は出なく、煙は少なく、火花は低く、色は少ない。
やる場所が減り、花火の消費が減る。
花火は面白くなくなり、花火の消費は減る。
・・・・
悪循環に入ってしまった感じです。


ちなみに、音が出ない、煙は少ない、火花は低い、色は少ない・・・みたいな地味な花火は、どこでも作れる。
だから、より差別化が効かなくなり、安価な中国産に変わっていく。
国内の花火メーカーにとっては、さらなる悪循環。


花火は売れない。
売れる花火は外国産に変わっていく。
・・・という現実。


===================
純国産花火にこだわる、製造メーカーの思い
===================

でもね、
太田さんは、できるだけ「純国産花火」にこだわります。
原料も国産、作る場所も国内。

なぜか。
国内の原料の方が、質が安定をしているから。

それ以上に大きな理由は、
国内で原料を手に入れるメーカーが減ると、
国内で原料を作らなくなる。


すでに、手に入らなくなった国内産の原料はかなりあるようです。
このままいくと、
いつかは、国内で原料の調達はできなくなる。
「これじゃ、製造業って言えないだろ!!」
と太田さん、毎回、熱弁をふるってくれます。


そう、
太田さんは、花火製造業という、製造業を守りたい。
そんな思いが強くあるんです。



復刻ドラゴンは序章。ここからが本章。

前回の復刻「ドラゴン」は、
とにかく、国産花火の現状を知ってもらうこと、
そして、とにかく安価な外国産に押された純国産花火メーカーの太田さんにとって、背水の陣だったわけです。


だから、とにかく、
「ドラゴン」を、
第1に安いことを要求され、
とにかく、火の高さも、色も、煙も、音も、抑えられたことを要求される、
パッケージの中に入れ込み、
太田煙火を守りたい、国産花火を守りたい、
そんな思いで突っ走ったプロジェクトだったのです。

その思いが通じ、
クラウドファンディング300%越えの数字を叩き出し、
無事に製品化し、この夏、パッケージに入れ込んでもらったのです。


だから、
ここからが本章です。

まずは、アンテナ高い人たちに、国産花火の現状を知って応援してもらい。
そのことが報道され、多くの方にさらに現状を知ってもらう機会ができました。
そして、
太田さんも事業を継続できています。

次は、
音も、火も、煙も、
本当の意味で、醍醐味のある「純国産花火」を、試してもらうことで、
圧倒的な面白みを再度実感してもらうことが大事。
そこから、
やっぱり、パッケージに入ったものではなく、
ちょっと高いけど、この圧倒的に面白い花火を、買おう!!!


そう、
火の高さ、音、色、煙など、どれも豪快な、純国産の1個売りの花火を買ってもらいたい!!


そう、
ここからが純国産花火、再浮上の本章。


だからね、
とにかく際立つ商品を作り、手にして欲しかったのです。
どこどこファンとか、もう関係ないわけです。
「ドラゴンズ必勝」って、ドラゴンズファンには使ってもらいたいです。
でも他球団のファンも、とにかく、ドアラついてるとか、関係なく、とりあえず、手に取って欲しいのです。



純国産花火メーカーが再起をかけたプロジェクト本編。
ドラゴンズファンの方はぜひ!
ドラゴンズファンじゃない方もぜひ!
大応援ください~!!
> https://camp-fire.jp/projects/view/26730


  


Posted by OKa-Biz

2017年04月28日 11:51  カテゴリ:新商品・新サービス開発記

建具屋さんの、強み「見える化する」知恵だしを、サポート!

秋元です。
OKa-Bizにお越しをいただいているのは、建具職人・近建木工所の近藤さん。





要望してもらえば「なんでもできるよー」と涼しげにおっしゃるんです。
これまでのお仕事の事例を拝見するとすごいなぁー、と思うものがたくさん。


一方で、なんでもできるから要望を自由に言って…と言われると多くの人は、
きっと何をどう頼んでいいのかわからない。。。というのもまた事実。
お寿司屋さんで「時価」って書いてあると、ビビる…ってのと同じ感じかもしれません。


そこでOKa-Bizでの個別相談を通じて、近藤さんの熟練の技術をいかに「見える化」し、発信していくかということを、意見交換。
そして、具体的な利用シーンをいかに提案していくかがポイント


様々な角度からおはなしを伺わせていただきながら、
近藤さんのセールスポイントを引き出し、
そして事業展開のコンセプトを一緒に組み立てていきます。


そして、ITアドバイザーの水野さんや、デザインアドバイザーの瀧口さん、
そしてコピーライターの松田くんとチームで連携しながらサポート。


いよいよ、第一弾となる取り組みが見えて来ました。
近藤さんの魅力がより多くの方に伝わって、新たな受注につながっていくよう引き続きサポートしていきますー。


  


Posted by OKa-Biz

2017年04月10日 12:27  カテゴリ:新商品・新サービス開発記

岡崎ならではの業界新聞、日本石材工業新聞社さんの展開をサポート

 

こんにちは、企画広報の飯田です。


岡崎市には400年もの歴史を持つ伝統産業があります。
それは「石工業」


市内で採れる加工するのに良質な素材の「みかげ石」と400年伝承され続けてきた技術で作られた
燈篭や仏像彫刻が全国的に有名です。  


先日、石工業が盛んな岡崎市ならではの相談者さんが来ました。
岡崎市で石材業を専門に情報を発信している業界紙
「日本石材工業新聞社」さん。





石材業界のことならなんでも知っている日本石材工業新聞社さん。
その強みを活かした新たな展開に向けてセンター長の秋元と意見交換。


日本石材新聞社さんの新たな動き、とても楽しみです。
今後も引き続きサポートさせていただきます。


ビジネスにおいて少しでもお悩みのみなさま、
オカビズは何回利用しても無料です。
是非お気軽にご連絡ください。

よろしくお願いします!

  


Posted by OKa-Biz

2017年03月24日 11:57  カテゴリ:新商品・新サービス開発記

岡崎市産のブドウを活用して新商品を展開 岡崎市果樹振興会さん

こんにちは、企画広報の飯田です。


だんだん陽気も春に近づいてきており、
オカビズのあるりぶらの近くの乙川の桜が咲くのが待ち遠しくなっています。


オカビズはありがたいことに、相談いただく件数は1ヶ月に約200件程度。
本当にさまざまな業種の方に利用していただいています。


先日お越しになったのは、岡崎市果樹振興会の鈴木さん。





岡崎市の農家の集まりである岡崎市果樹振興会を代表してお越しになりました。


岡崎市内にあるブドウ園を盛り上げるため、より知ってもらうために
岡崎のブドウを利用した新商品を考案。


商品化に向けてセンター長の秋元とコピーライターでもある松田と岡崎市農務課担当者も加わり、
熱い打ち合わせを進めております!


今は商品開発中ですので、詳細はまたお伝えさせていただきます。
顧客のターゲットを絞った展開で、岡崎らしい新商品が出来上がり間近。


今後がとても楽しみで、目が離せません。


ビジネスについて少しでもお悩みがありましたが、
是非お気軽にご連絡ください。


全力でサポートさせていただきます!


ご連絡お待ちしています。


  


Posted by OKa-Biz

2017年03月13日 13:12  カテゴリ:新商品・新サービス開発記

新サービスに向けて展開中!スペシャルなコーヒーを提供する豆蔵さん

こんにちは、最近乙川沿いを散歩することにはまっている、企画広報の飯田です。


少しずつ、日中は暖かくなってきており、オカビズのあるリブラにもいつも以上に多くの方が来ています。
オカビズにも毎回多くの事業者さんにお越しいただき、ありがたく思っております。


先日お越しになったのは、
岡崎市でスペシャリティコーヒーを提供する豆蔵さん。



豆蔵さんは海外に直接出向きコーヒー豆の仕入れを行い、焙煎、抽出まで徹底的にこだわり、
より美味しいコーヒーを1999年創業から提供し続けています。


この日は代表の柴田さんと焙煎、抽出を行う天野さんがお越しになり、
今後の新サービスについて話を深めていきました。



天野さんは昨年9月コーヒーのテイスティングを競う
ジャパンカップテイスターズチャンピオンシップ2016」で
なんと日本一になった実力者!


今年の6月にハンガリーで開催される世界大会に出場するそう。
ぜひ、頑張っていただきたいです。
オカビズ一同応援してます。


次の休みの日に、
コーヒーに目がない飯田は実際に豆蔵さんのコーヒーを飲みに行きました。


おしゃれな入口


表彰状などが飾られていました。


さまざまな産地のこだわりぬかれたコーヒー豆


コーヒーは味わい深く絶品でした。


スペシャルなコーヒーを提供する豆蔵さんの今後の展開に目が離せません。


今後の展開について少しでもお悩みになりましたら、是非オカビズにご連絡ください。
全力でサポートさせていただきます!
ご連絡お待ちしています。

===========================
珈琲通 豆蔵 岡崎店
住所 愛知県岡崎市細川町字長根38-4
T E L 0564-45-1088
営業時間 8:00~19:00 (L.O 18:45)
・モーニングタイム8:00~12:00(440円~)
・ランチタイム12:00~14:00(980円~)
定 休 日 金曜日 席 数 61席(エリア分煙)
駐 車 場 31台
===========================



  


Posted by OKa-Biz

2017年03月03日 19:45  カテゴリ:新商品・新サービス開発記

懐かしの国産花火「ドラゴン」新商品開発中!日本の夏を彩る太田煙火製造所

こんにちは!
八丁味噌の名産地岡崎在住
オカビズ企画広報のマツシタです。

以前からオカビズブログでも紹介させてもらっていた、
岡崎の花火メーカー・株式会社太田煙火製造所さんの
「ドラゴン」復刻プロジェクトの続報です。



(ブログ過去記事はこちら☞http://okabiz.boo-log.com/search.php?csrf=0f62cf6dc6c0f3277a4871ea32570293672c5582&search=%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3

昨年の夏、平成20年に生産中止となったおもちゃ花火「ドラゴン」を復刻させるべく、
「CAMPFIRE」でクラウドファンディングを成功させ、見事復活した「ドラゴン」。

>「ドラゴンを復活させ、危機に瀕する国産花火の炎を燃え上がらせたい!」

当初目標の345%での達成です。すごいです。

そして現在、その「ドラゴン」の新商品開発中!



※開発中につきモザイク処理を施しております。

副センター長の高嶋、ビジネスコーディネーターの松田が、
太田さんと新商品開発にむけて様々なアイデアを出し合い、意見交換中です。

どんな商品が生まれるのでしょうか。とても待ち遠しいです!

今年の夏は国産花火「ドラゴン」とただ今開発中の新商品で、
素敵な夏の思い出をつくってみてはいかがでしょうか。

オカビズでは、売上アップのための新商品、新サービスの開発サポートも
行っております。
貴社の強みを引き出し、売上アップのサポートをする
ビジネスコーディネーターがお待ちしております。
ぜひお気軽にご予約ください。

**********************
株式会社太田煙火製造所
〒444-0834
愛知県岡崎市柱町字上荒子25番地1
TEL:0564-51-2801
FAX:0564-53-7796
mail:info@ota-hanabi.net
創業:昭和3年
**********************

  

Posted by OKa-Biz

2017年02月14日 16:15  カテゴリ:こんな事例が生まれました!カテゴリ:相談者がメディアに掲載されました!カテゴリ:新商品・新サービス開発記

ママが活躍する小さな町工場が生み出した「お名前かくれんぼ」。全国的な注目を集める商品の開発秘話。

高嶋です。


大注目を集めている「お名前かくれんぼ」。

開発をしたのは、自動車部品の下請けメーカー、飯田樹脂さん。
 > http://www.iidajushi.co.jp/
 > http://iidajushi.boo-log.com/e390681.html
女性たちが活躍する町工場から、生まれました。


飯田樹脂さんが、
OKa-Bizに最初にお越しをいただいたのは、2015年夏頃でした。


========================
モノづくり女子が活躍する町工場
========================

飯田樹脂は、昭和63年の創業から現在に至るまで、自動車ライン機械部品などの樹脂加工のメーカーです。
これまで仕事を安定して受注されています。
この企業の特徴は、社員のうち約6割が女性。
しかも、その女性たちのうち、半分は子育て中のママたちです。
創業当初から、人材を区別せず、柔軟な対応で、子育てママも多く雇用をしてきました。
 > http://takashima.blog.jp/archives/54615477.html
そして、10年前から、
「自動車部品を作っているだけじゃ、彼女たちの感性がもったいない!」
という社長の思いから、女性社員を中心に、ウェルカムボードなどオーダメイドの樹脂商品を制作し始めます。

当初は、このオーダーメイドのウェルカムボードの販路拡大についてのご相談でした。


=======================================
モノづくり女子が活躍する飯田樹脂のセールスポイント
=======================================

女性たちが活躍している会社の商品開発だからと、
高嶋も声をかけてもらい、2回目の相談から入りました。

お話を聞いていると、ものづくりに対するこだわりと発想力がとてもすごい。
作っている商品は、ウェルカムボードに始まり、ティッシュケース、フォトフレーム、表札、魚拓などなど、もうとどまるところを知りません。
そして、
これまで主だった広報をしたことはなく、口コミなどで相手から、こんなもの作ってくれませんか?という依頼を受けて、全て、オーダーメイドで作っています。

この会社のセールスポイントを整理しました。
・技術力の高さ
・モノづくりの現場で女性が多く活躍していること
・オーダーメイドで商品が作れること
・子育てママの発想力の豊かさ
 ー子どもたちへの観察力の高さ
 ー親のニーズを的確に捉え、商品に活かせる発想力


女性活躍が叫ばれる中、
女性が多く活躍する町工場から、子育てママの感性を生かした商品を提案する。
しかも、メモリアル性が高く、既製品なのにオリジナル性を追求できるもの。
こういう観点で話し合いをし、初の既製品として、身長計を提案しました。

「それは欲しいかも!!」
モノづくりママたちに共感が走り、すぐにアイデア出しが始まります。
子どもの視点から、住環境の視点から、親の視点から、祖父母の視点から、、、



そして、次の相談時には、いくつかの商品が出来上がってきました。
想像以上に、
感性豊かで、完成度が高い、
子ども達のニーズ、かつ親のニーズを捉えた商品がずらっと並びました。

 男の子は、〇〇が好き。
 親は、こういうのを大事にしたい。
 だからこういう形で、こういう特徴の商品にしました!!
みたいな。

この親の視点、子どもへの愛情はすごいなー!!と改めて感心をしたのです。

そこから、ブラッシュアップを重ね、時々の写真や身長を彫刻したプレートなどが挟み込めれる、飯田樹脂初の自社商品「オリジナル身長計」を発売しました。
 > http://iidajushi.boo-log.com/c15661.html



==============================
不審者事件をきっかけに商品開発の提案
==============================

いくつものメディアに取り上げられ、身長計が順調にスタート。
この女性たちが活躍する町工場と身長計に注目が集まり、受注も増えてきた頃。

昨年・2016年3月に埼玉の不明少女が約2年ぶりに発見されたニュースがありました。

我が家の長女は、2017年の春、小学校に入学予定です。
親として、怖いなー。。。
どうやって子どもを登下校から守るのか?
声をかけられたら、振り返るよなー。
確かに出会った人に挨拶しなさいって言うしな。。。
とか、不審者事件を見るたびにそう思います。

そして、
その事件以降、入学の時期が過ぎて、
名札の扱いが議論になっているニュースを目にしました。

名札ってどうしているんだろうと、素朴に思ったのです。
そもそも、名札なんていらないんじゃないの?とも思いました。

そこで、名札について調べてみました。
名札は、なぜなくならないのか?
調べて見ると、
例えば、災害時。
例えば、学校での注意などなど、のために必要であると。
裏返したところに書いてあるだけでは、どうも足りないという意見も多いようです。

じゃあ、
名札の扱いってどうなってるの?
・そのまま、堂々とつける。
・登下校時は、裏返す。
・学校で着脱、保管。
・廃止。

学校は、色々と対策を考えているようです。


じゃあ、不審者対策の名札はあるか調べました。
裏返せる名札が見つかりました。
それ以上にはない。
見えない名札とか、ないのかなーとか思いましたが、調べてみてもないんですよね。

ありそうでない。


飯田樹脂には3Dで彫れる技術があり、太陽を当てるだけで光ったうように見えたり、
また濃淡が出せるから筆文字の表札がとても好評だというお話を知っていました。
魚拓まで彫っているほど。
そして、あの湧き出るような発想力。
この技術と発想力がある飯田樹脂なら、作れるかもしれないなと思ったのです。

そこで、ちょうど夏ごろ、
飯田樹脂さんが、ご相談にお越しになったのを見つけて、
帰り際、切り出してみたんです。

「遠くからだと名前が見えづらい名札って作れないんですか?」

「え~!!それ、とってもいいですね。
 そんなの簡単に作れますよ!!!! 」

そこから、一気に話は膨らみました。

飯田樹脂の小学校2年生のママは、
持ち物への名前は全部、裏側に書いてるの。
でも、名札はねー、白地に黒文字!
いやね、裏返せって言ってるのに、
子どもはめんどくさがって、絶対に裏返さないの!
これ、絶対にいい!!


====================================
モノづくりママの発想力・商品力を一気に仕上げる
====================================

そこからのスピードと膨らみは圧巻でした。
2週間後の打ち合わせ時には、なんと、我が娘たちの名前のついた試作品までも!!
ずらっと、数点が並びました。

女の子は、プリンセス大好きでしょ。
だから、これ!!

と、キラキラ!!
子どもたちも、案の定、大喜び^^






そして、
これって、お稽古バックとかにもつけたいじゃない!!

そう、
お稽古バックにつける、
趣味思考でつける、
用途やつける場所を考える、、、
・・・・・と、
豊かな発想力と観察力から、様々な商品ができました。

今回も、私の想像の域をはるかに超えて、
商品が一気に出来上がってきたんです。

商品力の高さに圧巻です。
これ、このまま世の中に出しましょうよ!!!


ということで、
デザインやITのアドバイザーなどでチームを組んで、
この商品を、一緒に一気に仕上げに取り掛かりました。

デザインのアドバイザーが一緒になって、
「お名前かくれんぼ」
という、とてもイメージしやすい商品名をつけてくれ、
ウェブ上での発信と、
保育園・幼稚園・小学校への営業と展開を図りました。


====================================
女性にしか発想できない、共感できないネタがある
====================================

しかし、このネタ、開発段階でわかったことは、男性にはあまりピンとこないということ。
特に女の子の子どもがいない人には、全くピンとこないようです。

飯田樹脂さんとは絶対的な共感で、こんなにトントンと話が進んだのに、
OKa-Bizの相談員ですら、当事者でない男性陣は、
へ~、そんな問題あるんだ~・・・って感じ。
なんだ、この反応?!!!!ってくらい、ポカーーーーンって感じでした。

え~っ?!と思って、
何人かの子どもを持つ女性にヒアリングすると、いや、ちゃんと共感されるんです。
なるほどっ!!
女性が捉えることができるニーズ、共感できるネタがあるって、
まさに、こういうことなんですねー。


また、
この商品は、同じような技術力を持ったところであれば、真似される可能性がある。
第一人者のポジションを取る必要があります。
だから、一気に進める必要がありました。


そこで、
学校などに一気に営業をかけ、
女性記者により積極的にリーチをし、
学校だけじゃなく、
直接の消費者にリーチしようと、雑貨店などへの連携展開を図り始めました。


===============================
全国的に注目!ヤフトピでも話題騒然!!
===============================

その結果、
中日新聞に、12月に取り上げられました。



楽天市場から、この商品は面白いから出品してもらいたいと、
かなり破格にお誘いをいただき、急ピッチで出店に至りました。
> http://www.rakuten.co.jp/rfresin-2015/

そして、2月5日。毎日新聞が全国社会面で取り上げたことから、
全国で話題となりました。



日本テレビ系のニュースになり、ヤフトピにも登場しました!!
> http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170208-00000078-nnn-soci



そして、なんと、あの尾木ママのブログにも登場したんです!!
 > http://ameblo.jp/oginaoki/page-4.html


と言うことで、
先週から注文は殺到のようです。
大注目です。


そして、
一段落する春には、
さらなる展開に向けて、次の手も打っていこうと作戦会議中です!
これからも飯田樹脂さんのチャレンジ、
OKa-Biz一丸となって、全力応援です ^ ^ 



==============================================
予算はかけない、知恵を使って流れを変えるOKa-Biz的サポート
==============================================

この飯田樹脂さんの商品、
大掛かりな投資や大量の広告費を使うことではなく、
企業が持つ強みをしっかりと活かし、
知恵を使って、今の流れを変える。
一緒に知恵を使うのが、f-Biz的、OKa-Biz的なサポート、
私たちの役割です。

小さな企業がその強みをしっかりと生かして、流れを変えていけるよう、
これからもより多くの企業のチャレンジを、しっかりと支えていきたいと思います
!!


  


Posted by OKa-Biz

2017年01月13日 16:00  カテゴリ:こんな事例が生まれました!カテゴリ:新商品・新サービス開発記

NPO法人ハートフルフレンズさん(岡崎市)の冷凍クッキー生地通販ショップ【ハートフルスイーツ】立ち上げをサポート

ITアドバイザー水野です!



NPO法人ハートフルフレンズさんの

冷凍クッキー生地通販ショップ
【ハートフルスイーツ】


立ち上げをサポートさせていただきました!

立ち上げホヤホヤです。
ご紹介いたします。






昨年の10月頃からサポートをさせていただき、
2017年についにオープンしました!


ショップへのアクセスはこちらから
↓↓↓
【ハートフルスイーツ】自然素材の冷凍クッキー生地通販
https://heartful4363.thebase.in/



もともと、おいしいクッキーをつくられていたハートフルフレンズさん。

ビジネスコーディネーター髙嶋と相談の中で、
このクッキーを冷凍生地の状態でネット販売しようというアイディアが生まれ、
通販ショップ制作がはじまりました。


ITアドバイザー水野、デザインアドバイザー稲波、
ハートフルフレンズの杉浦さん、久保さん、タッグを組んでの制作となりました。


コンセプトは、相談の中で以下のようにまとまりました。



──────────
自然素材を使った、体にやさしい冷凍クッキー生地

体にやさしい自然素材でおつくりしています。
お子さんの健康を気にされるお母さんにも、喜んでいただけると思います。

スティック状の冷凍クッキー生地ですので、包丁で切って、オーブンで焼くだけ。
お子さまといっしょに、お菓子作りにもいいですよ。
──────────

お母さんと、お子さんで一緒にクッキー作りをたのしめる商品になっています(^^)v
興味のある方は、ショップをのぞいてみてくださいね。


まずは、最初の一歩、お試し商品があるといいねと相談の上、お味見セット/全10種/1,000円(送料無料)もつくりました!





NPO法人ハートフルフレンズ:http://park.geocities.jp/heartful584363/index.html
ハートフルスイーツ:https://heartful4363.thebase.in/
  


Posted by OKa-Biz

2016年12月23日 12:15  カテゴリ:新商品・新サービス開発記

12月の縁起物・商売繁盛の「千両」をひろめたい!岡崎花き卸売市場の柴田さんの思い

堀部です!こんにちは~元気
本日は、2016年最終営業日です。

クリスマスクリスマスツリーを越えれば新年ですね晴れ
そんなめでたいときにぴったりな相談者をご紹介。

皆さんこの花、知っていますか~?



可愛い実をつけるこの「千両」は、これまでお正月の縁起物として利用されてきています。
岡崎花き卸売市場の鈴木さんは、その千両をお正月だけではもったいない!と年末年始の商売繁盛の贈り物として展開を開始されました。

千両の花言葉は「富貴」「財産」「価値」だそう。
まさに商売繁盛の贈り物にぴったりですね~~。


鈴木さん、3年前、千両農家が辞めることを知り、千両産地の危機を感じたことから、その農家が保有していた千両の山を3/1個ひきつぎ、生産を開始されたそう。岡崎の千両産地を残したい、そんな鈴木さんの思いから始まった商品です。

山にこんな風になっているそうです。

かわいいハート


実は千両は11月下旬から実の色がつき、正月の縁起物としてすべてが出荷をされてしまうため、まさに今が贈りどき!なんです。

季節に合わせ、ニーズに合わせ商品を展開していく。
新たな市場を切り開いていく。
オカビズではそんなサポートをしています。


岡崎花き卸売市場さんのブログもぜひ覗いてみてくださいね~
http://blog.livedoor.jp/okazakikaki/


ブログもオカビズでサポートしていますよ!




2016年、皆さんに支えて頂き、無事に最終営業日を迎えることができました。
ほんとうにありがとうございます。
2017年も引き続き事業者の皆さんのチャレンジの伴走者として、スタッフ一同邁進していきたいと思います。


  

Posted by OKa-Biz

2016年10月17日 10:00  カテゴリ:新商品・新サービス開発記

【新特産品コンテストに出品】愛知県産のいちじくと岡崎おうはん(卵)をつかった 小野玉川堂さんの「超熟 いちじくどら焼き」

こんにちは!企画広報の久保田です。

本日は小野玉川堂「超熟 いちじくどら焼き」をご紹介します。

小野玉川堂さんは、大正11年創業の岡崎市伝馬通りにある老舗和菓子店。
全ての菓子を手作りし、一部の餡と羊羹は薪で焚き、心温まる伝統の味を今も作り続けています。

岡崎市では、岡崎市市制100周年記念事業の一環として、「赤い糸新商品開発プロジェクト 新特産品コンテスト」が開催。
>>コンテストの模様はコチラ
「赤い糸新商品開発プロジェクト「新特産品コンテスト」が開催されました!」 


そのコンテストに小野玉川堂さんの「超熟 いちじくどら焼き」も出品。
注目を集めました。


この商品の誕生のきっかけをつくったのは、実はオカビズ。

「地元の素材を使い製造者の顔が見える新しい和菓子を開発したい」という小野さんの想いを聞き、センター長の秋元が地元農家 幸田町の『三州フルーツ工房』をご紹介。
そこから約1年をかけて、商品開発が進められました。

完熟で甘味と旨味が増した無花果に合うように、どら焼きの生地には「岡崎おうはん」という通常の卵より、卵黄比率の高いたまごを使用するなど、こだわりがつまっています。

現在も、新たな商品を検討中の小野玉川堂さん。
肉球羽二重餅400年饅頭、そして今回のいちじくどら焼きに続き、次はどんな商品が生まれるのでしょうか?楽しみですねにこにこ


新たな新商品を企画中!デザインアドバイザーの稲波人気商品の肉球羽二重餅と一緒に。

▼事業者情報
---------------
小野玉川堂(岡崎市伝馬通)



大正11年創業の老舗和菓子屋小野玉川堂です。
上質な材料を使い季節の和菓子、羽二重餅などを昔ながらの製法で手づくりしています。
薪で焚いた餡が自慢です。

住所:愛知県岡崎市伝馬通4丁目3番地
営業時間:8:00~19:00
電話/FAX:0564-22-0412
定休日:火曜日
  


Posted by OKa-Biz

2016年10月14日 14:53  カテゴリ:新商品・新サービス開発記

シマダ商会×インテリアコーディネーター 鈴木貴子/プロ仕様のステンレスキッチンを個自宅向けに販売開始します

こんにちは!企画広報の久保田です。

本日はシマダ商会さんインテリアコーディネーターの鈴木貴子さんが新たにはじめた新サービズ「シェフのステンレス・キッチン」をご紹介します。

シマダ商会は業務用の調理道具・厨房機器、多数取りそろえている卸・販売会社。
創業50年、割り箸の販売から始まり、ショールームを持つまでに成長し、
愛知県内、特に名古屋から南のエリアに1800件の顧客を持つ、外食産業のプロショップです。

そんなシマダ商会さんは、BtoCに向けた新たなサービスを展開。
料理好きな個人宅の方に向けて、プロ仕様のセミオーダーキッチンとして販売を開始しました。



オカビズでは副センター長の高嶋を中心にサポート。

今回、新たな市場を開拓するために、インテリアコーディネーターの鈴木貴子さんをご紹介し、BtoBからBtoCに向けた商品にするため、意見交換をしました。



※ 今回のコラボレーションについては、高嶋もブログ記事に記載しています。是非ご覧ください。
>>
「シェフのステンレス・キッチン」市場投入へ!強みを生かした中小企業の異分野進出を支える「連携」のポイント。


シェフが使う、シンプルで高性能なステンレスキッチンに憧れていたという方、
実は、意外にいらっしゃるのではないでしょうか?

これまで一般市場では手に入りにくかった、プロ用厨房機器をご家庭に取り入れられるように、卸のプロであるシマダ商会さんとインテリアのプロである鈴木貴子さんのタッグによる新サービス、是非ご注目ください!

▼新サービス「業務用シンプルキッチンを自宅に。」




■ シマダ商会
 昭和38年創業。厨房機器、食器、消耗品など外食産業に関わるあらゆることにトータルでサポート。
岡崎市六名にショールームがあり、業者をはじめ一般のお客様にもお越しをいただいています。



■ 鈴木貴子
 シンプルできれいな生活をするためにモノを整理して場を整える「仕舞いコーディネーター」として活躍。
インテリアコーディネーターや2級建築士を有し、リフォームから収納アドバイス、家具のコーディイネートなど、
シンプルに生活するための幅広いサポートをしています。

  


Posted by OKa-Biz

2015年08月06日 16:45  カテゴリ:新商品・新サービス開発記

あの『肉球羽二重餅』の老舗和菓子屋とお茶農家がコラボした「香茶まんじゅう」新発売!

こんにちは!
岡崎1年生の鎌田ですキラン
今日は、相談者の新商品をご紹介しますお花

これまでに、肉球羽二重餅400年饅頭
発売された小野玉川堂さんの新商品、
その名も

香茶まんじゅう



創業190年、岡崎のお茶農家紅葉宮ザキ園」さんの
抹茶とほうじ茶を餡に使用したおまんじゅうです!!
OKa-Bizスタッフも試食させていただきましたが、
お茶を丸ごと食べたような風味!!なんです。



雑誌「ぴあ 豊田岡崎食本」にも取り上げられています。

通常、お茶の葉を和菓子に使うときは、
一度煮出して利用することが多いそうですが
この「香茶まんじゅう」の餡は、
お茶の葉をミキサーで粉末にして使用しています。
お茶を贅沢に使ったお菓子ですねキラン


デザインアドバイザーの稲波と小野さんご夫妻の相談風景。

小野さんは宮ザキ園さん以外にも
岡崎の農家さんやコーヒ屋さんなどと
商品のコラボ展開を進めているそうです。

チャレンジを続ける小野玉川堂さん、
今後もチームOKa-Bizで
全力サポートしますっ上矢印

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ お問い合わせ ▼ 担当:堀部・鎌田・大前
 岡崎ビジネスサポートセンター OKa-Biz 
  Tel:0564-26-2231 / Fax:0564-26-2232
  E-mail:info@oka-biz.net
  URL:http://www.oka-biz.net/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  


Posted by OKa-Biz

2015年07月07日 10:00  カテゴリ:新商品・新サービス開発記

岡崎のコーヒー専門店「豆蔵」の柴田さんが新商品開発の相談にみえました

こんにちはキラン
岡崎1年生の鎌田です!

突然ですが、カフェイン中毒ドクロの鎌田は、
1日としてコーヒーを飲まない日はありませんコーヒー
大好きですハート

コーヒーの世界は奥が深く
豆にこだわったり、喫茶する空間にこだわったりと
楽しみ方も多数。


今日紹介する相談者は、そのコーヒーのプロ、
岡崎市細川町のコーヒー専門店「豆蔵」柴田さん
です。

→豆蔵のスタッフブログはコチラ



ラテアートワッフルが人気メニューで
雑誌などでもたびたび取り上げられています。

コーヒー豆もこだわっていて全て自家焙煎
注文ごとに豆を挽き、ドリップした後
お客様に提供される!そうです。
なんとも贅沢もぐもぐ



OKa-Bizの相談では、副センター長の高嶋
地元のものを使った新商品開発について
意見交換を行いました。

夏に向けての新メニュー、楽しみですね!?
継続ウォッチしたいと思います目

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ お問い合わせ ▼ 担当:堀部・鎌田
 岡崎ビジネスサポートセンター OKa-Biz 
  Tel:0564-26-2231 / Fax:0564-26-2232
  E-mail:info@oka-biz.net
  URL:http://www.oka-biz.net/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







  


Posted by OKa-Biz

2015年07月02日 16:50  カテゴリ:新商品・新サービス開発記

就農3年目!イチゴ農家の伊藤さん、新商品開発・販路開拓のご相談でお見えになりました!

こんにちは~ハート
岡崎1年生の鎌田です上矢印

最近、自炊をさぼりがち下矢印
食事の栄養バランス悪いがびーん毎日です。
ビタミンCをとらないとりんご
果物食べないと!と思ってしまいますナイフとフォーク
今の季節なら、メロンでしょうか
(こ、高級で手が出せないがびーん)

今日ご紹介する相談者は、
岡崎市で就農3年目の伊藤園伊藤さん

なんでも、建築業界から農業に転身されたとのこと。



ナスやミニトマトなどの野菜も作られていますが、
今回、OKa-Bizにご相談いただいているのは、
イチゴを使った
新商品開発&販路開拓のためです!!

この日は
イチゴの加工や販路の展開について
センター長の秋元と意見交換をしました。



ディスカッションしたり、
他の6次産業化の商品事例ノートを情報交換したりして、
アイデアは少しずつ具体化鉛筆していきます。

新商品は一朝一夕太陽にできるものではありませんが、
このような話し合いの積み重ねの結果、
成果につなげている方がいらっしゃいます。

焦らず、実直に、
OKa-Bizは支援させていただきたいと思います。

イチゴを使った新商品楽しみですね音符
新しい情報が出ましたら、こちらのブログでも
お伝えしていきたいと思いますキラン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ お問い合わせ ▼ 担当:堀部・鎌田
 岡崎ビジネスサポートセンター OKa-Biz 
  Tel:0564-26-2231 / Fax:0564-26-2232
  E-mail:info@oka-biz.net
  URL:http://www.oka-biz.net/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




  


Posted by OKa-Biz

2015年06月23日 12:03  カテゴリ:新商品・新サービス開発記

バリバリーの吉田さんが、身体に優しい「アロマの虫よけスプレー」の販路拡大のご相談にみえました♪

こんにちは!
岡崎1年生の鎌田です元気

本格的に汗ばむ汗季節になってきましたね。

鎌田は早速、夏の天敵怒り
「蚊」に刺されてしまいましたがびーん
私、結構刺される方で、
過去に1日で最高40ケ所くらい、刺されたことも水滴

昨年はデング熱の騒動もありましたしおーまいがっ
夏の虫に対する予防策、真剣に急ぐ考えたいですね。

本日ご紹介する相談者は
なんと、
アロマの虫よけスプレー
商品化された、
bariberry(バリバリー)の吉田さん。



このスプレーは、
アレルギーで苦しんでいたしくしく吉田さんが、
身体に良いものを追求。
そして独自のアロマ抽出方法にたどり着き、
それを駆使した
無添加・非加熱・未精製の虫よけスプレーなんです!?

市販のスプレーが使えない人に使って欲しい、と
吉田さんの愛情ハートを感じますね。

なんでも、吉田さんが昨年
アロマの虫よけスプレーを
FaceBookでPRしたところ、
話題を呼び電球欲しい人が続出!!
試験販売したところ、口コミで、300本が完売上矢印
今年、本格販売することになったそうですキラン




この日は、副センター長の高嶋
活発に意見交換を行いました。

この虫よけスプレーを
どのようなターゲット嵐
いかに発信本していくか

アイデアを出しながら、
ターゲットを明確にしていきました。


夏に向けての展開が楽しみです太陽

蚊に刺されやすい鎌田にとって水滴
うれしい相談風景でした元気

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ お問い合わせ ▼ 担当:堀部・鎌田
 岡崎ビジネスサポートセンター OKa-Biz 
  Tel:0564-26-2231 / Fax:0564-26-2232
  E-mail:info@oka-biz.net
  URL:http://www.oka-biz.net/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  


Posted by OKa-Biz

2015年06月12日 16:11  カテゴリ:新商品・新サービス開発記

最高級のあぐらを!『 家康将軍座布団 』 大正11年創業ふとんのタツネ・坂部さん夫婦・クラウドファンディングで商品化へ

堀部2年生(←鎌田に便乗w)です!こんにちは~☆


さて、以前よりお伝えをしたいた
ふとんのタツネ・坂部さんご夫婦の
クラウドファンディングへの取り組み。

本日6月12日よりスタートしましたー!!!


FAAVO愛知サイト



今回のクラウドファンディングでは、
「家康将軍座布団」の商品化を目指します!

↑↑こんなイメージ まさに将軍!!


通常は四角が多い座布団。
技能グランプリ銀賞を獲得した坂部さんの高い技術を活かして
あぐらに最適な円形座布団を全て手作りで制作しちゃいます。

綿から生地まで、品質の高いものを使用し、
長い時間座っても快適な座布団。

厚みもこんなに。


プロジェクト始動までに何度もOKa-Bizに足を運んで頂き
内容をディスカッションしてきました。
写真は副センター長の高嶋と。

FAAVO愛知さんとも一緒に打ち合わせも。



ふとんのタツネ・坂部さんご夫婦のチャレンジに
ご注目くださいーー!!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ お問い合わせ ▼ 担当:堀部・鎌田
 岡崎ビジネスサポートセンター OKa-Biz 
  Tel:0564-26-2231 / Fax:0564-26-2232
  E-mail:info@oka-biz.net
  URL:http://www.oka-biz.net/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  

Posted by OKa-Biz